久しぶりの雪の朝、車販売のガリバーさんがやってこられました。
P2080004.jpg

私のようなお客のために、岐阜県庁前店のプランナーさん、ご苦労様です。
うちの中にご案内したところ、開口一番、質問されました。
「あの〜、ここは一体何をしておられるのでしょうか?」
周りで三人の外国人がそれぞれの作業をしていて、子ども達が走り回っている様子に、少々面食らった様子です。
簡単にご説明したところ、「いやぁ、いいですねぇ。素晴らしいですね〜!」とのこと。理解ありそうな人で良かったです。
そして私が希望する車についてのやりとりがありました。
その方がおっしゃるに、
「ハイエースは人気車です。ガリバーは事故車は扱わないので、通常でしたら100万円以上します。仮に事故車で20-30万km走行であっても50万円程度でしょう。ですからこちらの『10万円』というご希望額は、なかなか厳しいと言えます。」
はい。それは百も承知でございます。それ故に祈願しておるのでございます。
ということで、てっきり「うちでは無理です」とお断わりになるのかと思いきや、今日の方、お若い方ですが、違いました。
笑顔を絶やさず、「できる限りお客様のご希望に添えるようなものを、これから探させていただきます!」と力強くお応えになったのでした。
その心意気に感謝して、ファイヤー!を一本差しあげたところ、急に顔をほころばせて、「本当ですか!私、辛いのが大好きなんです!」と、とても素直に喜んでくれました。
今回のような私の希望条件は、通常のビジネスで情報が上がってくるようなものではないのかもしれませんが、このような好印象の青年と出会えたのもご縁です。
ガリバーさん、ありがとう!
大きな期待はせず、引き続き祈願していくことにします。