昨日の東京・青山・ファーマーズ マーケットでは、沢山のご縁をいただきました。ありがとうございました!

過去二回の出店は、物販のみということで、表通りに出させていただきました。

今回は調理をするということで、表通りから外れた、少々暗いスペースに出店することが分かっていたので、いつも手伝ってくれているスタッフさんたちは、前々からとても心配してくれていました。

「いかに人を呼び込むか?」
「暗い中で、店の存在をいかに知っていただくか?」

十分とは言えないまでも、それなりに準備をして臨みました。

このような状況で対応するうちに、きっと今後の他の出店にも生かされるはずです。
ですから、今回は「トライアル」という位置づけで臨んだのでありました。

大きめの黒板をイーゼルに掛け(2セット)、ランタンを灯し、
11113868_646731192123634_1663223093129647307_n.jpg

P4040011.jpg

スタッフさんにはメイン通りに立って呼び込みをしていただいたりと、いろいろ試してみました。
P4040017.jpg


何よりも、玄米餅揚げ「揚げアゲ棒」は、お醤油の焦げた香りが魅力ですので、常に炭火であぶって、その気をそそりました。
P4040030.jpg

今回の出店場所は、一番奥のスペースでしたが、店の並びの端っこだったのが幸いかな。

しかも最初のうちは小雨ということもあってか、マーケット全体でも人手が少ない中、私たちのフードスペースにはほとんど人が入って来ず、正直言って「これは結構きついなぁ」と感じていました。

それでも「揚げアゲ棒」が少しずつ売れていく中で、とても嬉しい出来事が幾つもありました。

ある男性は、「私は玄米餅にはうるさい方だけれど、これは激ウマだね!」と絶賛してくれました。

一度食べてくれたお客さんが、しばらくして他のお客さんを連れてきてくれました。そのお客さんが、また別の方を連れてきてくれました。彼らは一流ホテルのコックさんらしいのですが、絶賛してくれました。

ある外国人さんが、揚げアゲ棒にファイヤー!を載せて食べ始めました。真似をしたら「激ウマ〜!」これはマジ、やばいです!

とどめは、ある女性とのやりとりでした。

女性「来月もこのお餅を出すの?」
私「いやぁ、どうしようかっと思っていましてね。あまりに人が入って来ないから、来月は餅無しで表通りで販売しようかとも思案していましてね・・・」
するとその女性、
「頑張って続けなさいよ!すごく美味しいんだから!応援するわよ!」

その声に私は背中を押された気分になりました。

正直言って、表通りに比べて、お菓子の売れ行きは遅いです。ですから、「お菓子を売るなら表通り」「揚げアゲ棒(調理もの)を売るなら、今回と同じく脇の暗い通り」となるのでしょう。

でもその女性の声に励まされて、来月(5/2)も今回と同じスペースで販売することにしました!みなさん、応援よろしくお願いします!
P4040005.jpg


P4040001_20150405092231365.jpg

さて、この揚げアゲ棒ですが、午後2時頃に販売のピークを迎えました。
P4040024.jpg

これは想定外!おかげで、いつもの倍、持ち込んだ玄米餅が無くなってしまいました。
11088229_745311262252621_2053196548480496376_n.jpg

何よりも、口にしてくださった方のどなたもが満足気な顔をされているのが、とてもとても嬉しかったです。ご縁をつないでくださった皆さん、本当にありがとうございました!

同時に沢山の学びがありました。
これについては改めて記すことにしますが、ともかく、やはり「やってみて良かった〜!」というのが実感です。

そして毎度のことですが、手伝ってくださった皆さん、お菓子を作ってくれた理恵や、沢山の包装を手伝ってくれたスタッフさんたちに感謝です。
皆さんのおかげで私たちは生かされています。

さて今月は4/12(日)にも東京・「太陽のマルシェ(勝どき)」に向かいます。こちらは調理ができないのでお菓子のみですが、それもトライアルです。どうぞよろしくお願いします!