昨秋、【もりのいえ】にお泊まりで整魂を受けられた方が、昨夜、三名のお友達を誘ってお越しいただきました。

その三名とも整魂をご希望でして、初日はうちお二人に、今の私にできる精一杯の姿勢で向かわせていただきました。

夕食後にはキャンドルを囲んでシェアリング。とても有意義な時をご一緒させていただきました。
まさに出会いに感謝!つながりに感謝です。

今日の朝もお一人にさせていただいた後に乙女渓谷へ。

午後、整魂ご希望のお客さんたちがお帰りになり、みんなでサブニュマや、お醤油もろみの天地返し、子供達の迎えなどの後、ゆっくりと眠りました。

2時間ほど眠ったかな。目覚めた時は気分スッキリ!完全に眠気を抜いて目覚めたのは実に久しぶりです。

そして今、私は、かつてないすがすがしい気分でおります。

これほどの爽やかさ、穏やかさは実に久しぶりというか、新たな感覚です。

ここ二週間ほどの様々な出来事により、一つ大きな山を越えた感があります。

自然界や宇宙のエネルギーが体に入ってくるって、こういう感覚だったんだ。
「霞を食う」という言葉って、たとえ話ではなく、本当にあるんだ。

意識を向けた相手の様子が、手に取るように分かる。

私に意識を向けてくれている人々の、様々なエネルギー(波動)を、分類してそれぞれに感じる。

妻や子供達、私に意識を向けてくれる人々、友人知人たち、近所や周りの人々との関係の有り様が見える。

自分自身の感情の沸き立ち方や、流れる様が見える。

どれもが、「ふーん、そうだったんだ」と、腑に落ちてきます。

今回、整魂を受けた方のお一人が、次のような感想を述べてくれました。
「これまでに生きてきたのは、今日のためにあったように感じています」

ありがたいことです。

そして同時に、私もまた同じような気分でおります。
ありがたいことです。

さて明日は、実に久しぶりに、【もりのいえ】の行事がない日です。

ずっとやりたかったけれど、なかなか時間をとれなかったことが山ほどたまっているので、それらを手がけます。

あぁ、生きているって素晴らしい!