明日のわらべ村イベントに向けて、今日、御嶽山で採らせていただいた山菜を、一つ一つ丁寧に下ごしらえしました。
DSC_0001_20150523235640bbf.jpg

つい先日、「ご縁がつながることが嬉しいから、このような作業もいとわない」という風なことを書きました。
もちろん、それはあります。私たちと関わりを持ってくださることで、その人の笑顔が見られたら、とてもとても嬉しいです。
それに加えて、最近は、「要は自分のためでもあるんだよね」とも感じています。
自己満足というのもありますが、それだけで全てを言い表していません。
一つ一つの作業に丁寧に向き合うことって、結局は自分を磨くことになるのでしょう。より正確には、「自分の魂を磨く」かな。
理恵は理恵でお菓子とお弁当づくりに相当な努力を続けています。彼女もまた自分を磨いています。
私はさほどサポートはできていないけれど、袋詰めはしています。
そんな時も、お菓子やお弁当を手にとって、口にほおばって喜んでくださる顔を想像しつつ、自分を磨くためにも、心を込めて丁寧に包みます。
それが今の私にできる修養かな。
さて、明日、現地で揚げる天ぷらは、タラノメ×2、山ブドウ、ヨモギ、ウドの若葉を考えています。
天然のタラノメは、時期的にこれが最後のものになるでしょう。少し成長したものを細かく切って、かき揚げにもしてお出しします。
限定20セットくらいしかご提供できないでしょうが、今できる限りの最高の天ぷらをご提供するつもりです。
もちろんお弁当もお菓子も、大辛ソース・ファイヤー!もご用意します。
いろんな入り口で【もりのいえ】を知ってくださり、ご縁が深まればありがたいです。