おはようございます。
大勢の皆様が父を見守ってくださり、ありがとうございます。
ただただ感謝です。

おかげさまで、父はひとまず峠を越えた様子です。
ただ、病名が決まらない、原因が分からないということで、
いったいいつになったら退院できるのかもわかりません。

私も、この三日間は全ての予定をキャンセルして向き合ってきましたが、
まもなく普段の暮らしに戻ります。

今週末には京都での出店があり、他にも年内の予定はほぼ詰まっている中で、それに加えて、両親の介護をどのように組んでいくのかが課題です。

これまでも大勢の方々がそのような暮らしをしてこられたんですよね。

真摯に、あるがままを受け止めて、向き合っていくことにします。