本日、雨の中、感應寺にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
おかげさまでお昼前にお弁当も売り切れ、ただただありがたいかぎりです。

イベント終了後、私は急いで帰宅しました。
というのも、子供達と大切な約束をしていたからです。

一本足の鶏・にわちゃんが逝ってしまった後、さみしがる子供達に、別の心の支えといいますか、目標を示すことにしました。

それぞれの子供達が自分の目標を達成した時に、ご褒美をあげる約束をしたのです。

U太とは次のような約束をしました。

「水泳のクロールと平泳ぎで、それぞれ『余裕で』25mを泳げるようになったら、以前から欲しがっていた車のおもちゃをあげる」

そのおもちゃとは、実は元ウーファーさんがU太にと送ってくれていたものなのですが、少々値が張るものでもあり、手渡すタイミングを見計らっていたのです。

するとU太、俄然、水泳モードになりました。
地元のB&G海洋センターが6月から泳げるようになったので、「お父さん、プールに行こう!」とさかんに誘うようになったのです。

その初日として約束していたのが、今日の午後でした。

このプール、屋外プールにテントを張ったようなスタイルでして、水はぬるいのですが、今の時期、外気はまだ寒いです。

おまけに16時に受付終了で、17時までの使用となっていますので、14時に瀬戸のイベント会場を出た私は、大急ぎで帰宅したのでした。

そしてギリギリのタイミングでプールに到着。
すると、スタッフさんから意外な言葉を声かけられました。

「森本さんたちが、最初の利用者ですよ!」

えっ?
朝から開いているプールで、16時ギリギリに入場した私たちが、今日最初の利用者なの?

「はい。まだ外気が寒いので、毎年この時期はこのようなものです。」

かくして、大きなプールを、私たちだけで完全貸し切らせていただき、今年の泳ぎ初めとなったのでした。

そして早速にU太がやってくれました。クロールも平泳ぎも、25mを泳ぎ切りました。

まだ「余裕で」という風ではないので、プレゼントはおあずけですが、いずれすぐにクリアすることでしょう。
彼の自信にあふれた様子から確信できます。

驚いたのがKAN太でした。
KAN太とは水泳ではなく、他の目標を決めていたのですが、兄のがんばりに刺激を受けたみたいです。

昨年まで、ビート板でも息継ぎができていなかったのが、いきなりできるようになりました。

そして最初は5mで立っていたのに、最後には25mを泳ぎ切りました!
DSC_0014_20160605231805e56.jpg

後半はもうヘロヘロでしたが、私たちの声援を受け、必死の形相で泳ぎ切ったKAN太。

ゼーゼーしながらも、「やったぜ!」感を全身で示していました。
ものすごく自信がついた様子です。

FUKUも大人のプールで、私に手を引かれながらバタ足ができるようになりました。
彼女は水を怖がらないので、すぐに泳げるようになることでしょう。
DSC_0006_20160605231823008.jpg

「よし、今年初めてのプールでみんながんばったから、アイスを買ってあげよう!」に、大喜びの子供達。

私はついでに缶チューハイを買って、帰宅後、マコモ風呂に入りながら飲んでいたら、ここ数日の疲れと安堵感がどっと出てきて、風呂上りに倒れこむように寝てしまいました。

今週は畑作業に、草刈りに、そしてイベント準備にと、休む間もなく動き続けてきましたが、最後に報われた気分です。

なんと言っても、我が子が生きる自信を身につけていく姿を目の当たりにできるのは、本当にありがたいことです。