DSC_0032_20161123113051f8d.jpg

長らくお待たせしました!お六櫛(おろくぐし)を【もりのいえ】のネットショップで購入していただけるようになりました〜!
http://morinoie.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=481383&csid=11

限定12本です。もう今や幻化しているお六櫛。噂によりますと、他のネットショップさんでは、うちの1.5倍ほどの値付けで、一年待ちだそうです。

今回、私がお六櫛の取り扱いを3年ぶりに再開したのは、販売目的ではありません。様々な想いを込めて、取り扱いをさせていただくことにしました。

お六櫛は櫛ですので、当然ながら髪をとかす道具です。それが、ただの櫛ではないのです。 まず、髪がツヤツヤになる度合いが違います。お六櫛を手にされた方は、まずは頭の左右どちらかの髪だけ、10〜20回ほどといていただきたいです。その差にきっと驚かれることでしょう。 フランスの有名な美容師さんがお六櫛を4つ購入して帰国され、愛用されているとか。プロの美容師が認める品ということなのでしょうね。

次に、髪だけでなく、頭皮も合わせてマッサージするようにといてください。この効果が様々な効果を呼んでいるようです。 実際に届いた声によりますと、 「長年、続いていた首の痛みがとれた!」 「頭がスッキリした!」 「視界が良くなって、視力が上がった!」 などなど。 こればかりは実体験された方でないと語れないのですが、実際に整体師の方が複数求めてこられ、整体の施術で使っておられると聞くと、そのようなこともあるのかなと思います。

そして、是非お試しいただきたいことがあります。 それは、お子さんやご両親や想いを寄せる方の髪をといていただきたいのです。 髪をといてもらう間、不機嫌な人はいません。誰もが穏やかな表情をされます。 そして、とく人との間に、とても暖かい「間(ま)」が生まれてくるように感じるのです。 大げさに書きますと、「真心を伝える儀式」であるかのようです。まさに愛を育む場ですね。

他の櫛でも同様なことは言えるかもしれません。ただ、これまでにお六櫛を実際に手にしてこられた方々の変化を眺めるに、この櫛は本物だと確信するようになりました。 この想いをお伝えしたい。そして一つ一つが持ち主にとり一生ものとなり、それぞれの地で物語が綴られていくことを確信して、お届けさせていただきます。 お六櫛については、こちらのサイトもご覧ください。 http://www.kisomura.net/
DSC_0042_201611231130528c5.jpg


★★★
三年前にこの櫛を取り扱いさせていただいたきっかけは、理恵の交通事故でした。 その節には大勢の方々からお見舞いのお言葉やお見舞金をいただきました。 そのご厚意にお応えする手段の一つとして、お六櫛をお届けすることを思いついたのでした。当時は二ヶ月ほどで完売しました。

そして今、理恵の治療が終了したこの機会に、改めてお六櫛をお届けすることを思いついた次第です。 その際、ある方からのメッセージが私の背中を押しました。 それは、私がお慕いする吉村正先生の秘書をされている、島袋さんからのメッセージでした。 三年前、お六櫛を手に入れた私は、吉村先生を訪ね、先生の御髪をとかせていただきました。 その様子を傍で眺めておられた島袋さんは、その時の写真を添えて、「あなたはお六櫛を扱うにふさわしいですよ」と励ましてくださったのです。(写真掲載については、吉村先生の許可をいただいています)
14962366_10209228443642149_1255025602_n.jpg


その声に推されて、私は再び木曽路に向かいました。 久しぶりに出会う方々とじっくりと向き合い、お話を重ねて、今回の出来事にまでつながりました。 お六櫛は、職人が激減し、良材も減ってきたとのことです。加えてマスコミでその存在が知られるようになって以来、ますます希少価値が高まってきたとか。

仕入れさせていただいた先の方は、お金を積めば売るという方ではありません。お六櫛を通して愛を伝えるということについて、切々と語られるお言葉一つ一つが心に沁みました。 その上で、「あなただったら売ってもいいですよ。ただ、これだけの数をお分けできるのは、もう最後かもしれない」とおっしゃりながら、譲っていただきました。

仕入れとは言っても、実はあまり値引きされていません。今回、私は、お試し用に三本のお六櫛をおろしましたが、それだけで既に赤字です。 それでも構わない。お六櫛を通して、お一人お一人が健康になり、幸せになるきっかけをつかんでいただければという想いで、お届けします。
DSC_0013_201611231130495f9.jpg


今回、45本のお六櫛を仕入れさせていただきましたが、ネットで販売できるのは、12本となりました。 ネットショップ【もりのいえのお届け便】に載せているのは、それぞれ一品ものの現品限りです。 ですから、どなたかがお求めになれば、それで販売終了です。そして店頭にも並べておりますし、時折外にも持ち出して紹介します。その際に売れてしまったら終了ですので、どうかご理解ください。

また、できるだけ多くの方々の手に渡っていただきたいので、お一人2本までとさせていただきます。合わせてご理解ください。 ということで、ピンときた方は、ネットショップからお申し込みください。櫛だけでしたら送料を安く抑えることができますので、受注メールが届くまでお待ちくださいね。

http://morinoie.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=481383&csid=11

素晴らしいご縁がつながり、深まりますことをお祈りします。
【岐阜・加子母・もりのいえ】森本正則(まぁさん)