FC2ブログ
岐阜の山村から岡崎の吉村医院までの2時間強の移動について、
一つだけ懸念していたことがありました。
「台風のタイミングと合ったらどうしよう。」
こればかりはこちらの都合通りにはいかないので、
運を天に任せるしかありません。
実際、先日の台風14号の時は出産ラッシュだったとか。
そうなるとちょっと移動が辛いです。

だから、「もし何事もなくて、後で笑い話になってもいいから、
早めに出よう」と話していました。
その点、今回とても良いタイミングで家を出ることができました。
天気は悪くないし、道はガラガラ。おかげで2時間ジャストで到着。
早速カミさんは検査室へ。私はロビーで待機です。

ロビーのソファーには、
出産を終えたばかりのお母さんがお二人いらっしゃいました。
二人ともとってもいい笑顔。
聞けば、お二人とも今回が二人目のお子さんで、
吉村医院は初めてとか。
「病院で産んだ一人目の時と全然違って、ここはいいですよ。」
とおっしゃってました。
初めて聞いた話では、
「ここは産むまでは吉村先生が中心だけど、
 産んでからは助産婦が主役です。
 その助産婦の至れり尽くせりのサポートがすごい!
 他の病院なんて比較にならない。」とのこと。
なるほど。とっても楽しみになってきました。

お一人は岩手から来られたとかで、
この近くのウィークリーマンションで過ごしながら出産を待ったとか。
私たちが岐阜から来たと聞くと、「そんなに遠くから!」
と驚いていたけど、そっちの方が数倍遠いじゃないか。
東京に住む私たちの友人夫婦も、今週診察に来るみたいですが、
ここは遠方からの受け入れに慣れているので助かります。

さて、検査の結果、「まだ破水はしていない」とのことでしたが、
もう近いということで、
ともかく病院の空き室に泊めさせていただくことになりました。
私は同じ部屋のソファーベッドで添い寝です。
こういう対応も病院ではないらしい。

さて翌朝、今日の朝ですが、早速に吉村先生の診察。
「何だ、あんたらか」と先生ご機嫌です。
何故か私たちのことを気に入ってくれていて、
「あんたたちの出産が楽しみだ」といつも言ってくれます。
「おっ、いよいよ始まってるぞ、もうすぐだな。
いつ生まれるかは断言できんが、もうこれからは近くにいなさい。」
よーし、いよいよか、とニコニコしていると、
「出産前の夫の状態としては申し分ないですな。」と先生もニコニコ。
「出産の時に、奥さんよりもご主人がどうなるか、
 よく観察しよう。」とも。
前回の診察の時にも、「友達になってください。」
なんて言ってくれました。恐縮です。
出産した後、先生と祝杯あげられたらいいだろな。

で、今私たちは何をしているかというと、
今晩からしばらく、出産の日まで泊まる宿を探して、
マンガ喫茶のパソコンで宿検索をしている最中なのです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/36-e134ea09