FC2ブログ
この春、私が不在中に知らない人が我が家を訪問しました。
カミさんが聞いたところによると、「地元のユリを保存している人」だったそうです。
その人が言うには、うちの借地に育つユリが、とても貴重な種なんだそうです。
なので、「そのユリを是非とも保存したく、周りの草を刈らせてくれないか?」と
頼まれたとのこと。

事前に地主にも連絡を入れ、
「masan達が良いというのなら、お好きにどうぞ。」との返答も得ていたらしい。
私が見た時には既に周りの草が刈られていたし、
何だかよく分からないけれど、別に害は無いでしょうと、
カミさんの報告を聞いたままにしておりました。

最近になってそれらのユリの花が咲き出し、「綺麗だな」と眺めていたら、
昨日の朝、またもや訪問者がありました。
「先日、奥さんにお願いしたものですが、
もう一度下草を刈らせてもらっていいでしょうか?」と頼まれました。
もう少し聞いてみると、次のような話でした。

『その方は地元で福祉関係の仕事かボランティアをしている。
昨年、その人の知人がたまたま今回の土地の傍を通ったら、珍しいユリを見つけた。
これはオニユリと呼び、昔はこの辺りではよく見られたユリだが、
最近はめっきり見かけなくなった種である。

そこでこのユリを何とかまた復活させたいと、行政にも相談して今回私達に頼みに来た。
実は以前、このユリを持ち帰って育てようとしたが、全て失敗した。
思うに、ここの土地がこのユリに合っているのだと思う。

ついては、勝手な申し出だが、
この地をオニユリの群生地として育てさせてもらえないだろうか?
そしてその管理をさせてもらえないか?
また、もしうまく増えてきて、種が多く取れるようになったら、
少し分けてもらいたい。』

こんな概要だったと思います。
その場所は当面何に使おうと考えていた場所ではありませんでした。
と言うよりも、地主さんの弟が「カヤを育てたい」と言っていたので、
そのままに置いてあった場所でした。
地主さんも弟さんも「カヤを刈ってもいい」というのならば、
私達がとやかく言うこともありません。

むしろ、カヤよりもこの地がユリの花一杯になる方がいいに決まっているので、
「どうぞどうぞ」と了解しました。

でも何か変です。
確か「オニユリ」とおっしゃいましたが、オニユリってこんな花を咲かせます。
20060806001223.jpg

でも、今目の前で咲いているのは、こんな花です。
20060806000358.jpg

似ているなんてものじゃありませんよね。まず色が違う。
調べてみました。するとうちのは「ヤマユリ」のようです。
これはこれで希少になり、同じく育てるのが難しいようです。

でもオニユリとはあまりに違うので、
その人に言ってあげるべきではないだろうか?
でも、そういえば名前も連絡先も聞いてなかった。
それでも、綺麗に下草を刈って、杭まで打っていかれました。
ここがこれから群生地になるわけかぁ。
20060806000441.jpg

ところで、ここ加子母は「ササユリ」を村の花としておりました。
これはこれで可憐で素敵なユリです。花はピンクとシロのがあります。
20060806000529.jpg

でも現実にはササユリよりも別のユリがいたるところに咲いております。
特に田の畦とかでは、草刈機で刈ってしまわないよう、皆さん注意して守っています。
20060806000930.jpg

このユリ、近所の方からは「テッポウユリ」と教えられましたので、
そのように信じていましたが、
昨日、オニユリをチェックしている最中に、どうも違うらしいことに気づきました。
これは「タカサゴユリ」のようです。
そしてテッポウユリはこの花。葉の形が違います。
20060806001312.jpg

どうしよう?近所に「これはタカサゴユリですよ~。」って触れて回ろうか?
ま、いいや。タカサゴユリでもテッポウユリでも、オニユリでもヤマユリでも。
腐っても鯛だ。ちょっと違うか。とにかくユリはユリです。
こんなにいろんなユリが咲く土地って良いではありませんか。
そういうことにしておきましょう。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/387-52989968