FC2ブログ
20060819001335.jpg

これは昨日も紹介した「花オクラ」です。
これが昨日のうちの朝食おかずでした。
ポン酢で美味しくいただきました。

さて、ここ最近の私の憂鬱は、何と言っても「笛が上達しない」ことでありました。
何でだろう?これでも子供の頃、リコーダーは大の得意だったのに。
何でこんなに吹けないんだ?

周りの上手な人の手の動きを真似ることができても、肝心の音が出ません。
たまたま出ても、何か半音ずれています。
もしくは突拍子もない音が出るだけ。

8月に入ってからは、水金日と週に3日の合同練習会があります。
一応出るには出ているのですが、外れた音を出していては周りに迷惑がかかるので、
いつも私は駐車場の車の中で一人で練習していました。

そりゃ悔しいですよ。
最初は期待を込めていろいろ教えてくれた大先輩も、
「ま、ぼちぼち練習してください。」と半分さじを投げたような感じだったし。

それでね、私、ちょっと考え直した訳です。
「笛の穴を指で押さえて音を変えることでそれほど上手下手が出るものではない」と。
やっぱり吹き方ですよね。
特に、「唇の当て方」「唇の形」「息のかけかた」に問題があるのではないかと
考えた訳です。

でも悲しいかな、上手な人は下手な人の苦労が分かりにくいものです。
結局自分で探すしかない。
そこでインターネットでいろいろ調べてみました。
すると、「口をすぼめて、炭を起こすような感じで」と書いてある。

なるほど。そこで私、またまた考えました。どうやったらそういう口になるかと。
そこで登場!ジャーン!
20060819001409.jpg

これは何だと思います?
ボールペンの先っぽです。
こいつを口にくわえて、口呼吸でしばらく過ごしてみたのです。

つまり、口をすぼめて小さい穴を作り、
吐く息をそこに集中させる練習をしたわけですね。
その後、やおら笛を取り出し、吹き出すと、
あれま不思議なことに綺麗な音色が出るではないですか!

要は今まで、息の送り方が違っていたんですね。
もしかして、もしかして、コツをつかんだ?
バスケットボールで初めてまともにゴールできたような気分です。
おかげで急に吹けるようになりました。

そして昨夜の練習会。
何と!初めて皆さんと一緒に練習できましたよ!
もっともまだまだ荒削りですが、それでもそれ以前に比べると大きな進歩です。
周りの皆さんも、「おっ、綺麗な音が出るようになったな!」と
声を掛けてくれました。

むちゃくちゃ嬉しかったですね。
笛に出会って一年。ようやく一筋の明かりを見た思いです。
そしてようやく笛が楽しくなってきました。

さて祭りまであと一ヶ月少しです。
覚えるべき曲は4曲ほど。
そのうちの2曲は大体見えてきました。

ところで、実はある「音」だけが何故かまだ出ません。
何とかこいつをマスターして、当日までに4曲さらっと吹けるようになりたいなぁ。
だんだん欲も出てきました。
よーし、やるぞと!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/400-9a547f2a