FC2ブログ
昨夜は祭りの前夜際にあたる「試楽祭」と呼ばれる行事がありました。
この行事は、十区ある加子母の地区が順番に執り行います。
今年は角領地区の番です。
「角領」は今日の本番も我が「二渡(ふたわたり)」とともに担当になっており、
結構重労働ですが、この地区の人たちはとても団結力とノリが良いので
こなすこともできるのでしょう。

さて試楽祭ですが、通常は夕方から神輿をかついで笛太鼓で練り始め、
18:30頃に宮入りを始めるのですが、
そこは角領、気合の入り方が違います。昼過ぎから夕方までずっと練っていたらしい。

そして神社にてようやく宮入り開始。
節回しがうちと微妙に違いました。
加子母の十区とも全て違うとのことです。
この時の様子はビデオを撮っていたので画像が少ないのが残念ですが、
私は自分が笛を始めたばかりのものだから、
つい笛の音色に関心が向き、とても面白かったです。

宮入り後、神事があり、獅子舞の奉納です。
これまた私達の区とは大違い。
節回しがとても手が込んでいて、長くて、上手です。
いや驚きました。笛の衆なんてたった5名ほどなのに、一人ひとりがとても上手です。
順番にソロでピロピロやっている。
今の私なんぞとても足元に及びません。やるなぁ。
一番上手な人はドラマーだとか。もうプロですね、プロ!
20060923073500.jpg

獅子舞はとても綺麗でひょうきんでした。
途中から衣装を身体に縛りつけて踊るのは同じスタイルです。
20060923073552.jpg

そして圧巻は最後の余興「神霊矢口の渡」でした。
獅子が人間と芝居をするのです。「矢口の渡」を。
さすが地歌舞伎が根付いているだけあります。
芸達者が多いんですね。
20060923073624.jpg

見物客も大勢で、おひねりを投げたり、掛け声をしたりと大盛り上がり。
いやぁ、感動しました。
帰り道、夜道で出会った見知らぬ若者が興奮して声を掛けてきました。
「加子母の人ってすごいですね!」
ホントすごいです。
こんなに小さな村なのに、ものすごい文化が根付いています。

さて私もまさに今から本番です。
行ってきます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/436-fb85e538