FC2ブログ
突然ですが、通りすがりの自動車工場に目が留まりました。
私の大好きな「ヨンマル」が並んでおりました。
「いつかはヨンマルオーナーになりたい!」と願いつつ、
これまで歳を食ってしまいました。
そして「もう無理だろう。」と諦めていたクルマが目の前に何台も並んでいます。
20061102054952.jpg

何が好きって、この後姿です。このカクカクしたデザインがたまりません。
とっても機能的で、かつ高いデザイン性。
たまに私の前を走る時があると、惚れ惚れして後を追ってしまいます。
20061102055019.jpg

中も見せていただきました。とってもシンプルです。
欲しいなぁ。ずっと願っていました。でも無理だよなぁ。
何と言っても古過ぎます。どれも年数が経っているのです。メンテが大変そう。
しかもNOx規制もあって、乗れる範囲がどんどん狭まっている。
それにはっきり言って「ファミリー仕様」ではありません。
つまり「道楽クルマ」です。クラシックカーというわけです。
うちにそんなクルマを維持できる余裕は無い。
20061102055244.jpg

結局「夢」のクルマなんでしょうね。
現実にこのクルマを所有している人はこんな感じです。
思い入れがとても強い。そんな気にさせるクルマです。

実は私にとって同じように思い入れの深いクルマがもう一台あります。
それは、「シトロエンHトラック」。
こいつも欲しくて仕方のないヤツです。
東京で暮らしていた時、マジで買おうとしました。
そいつはまさにこんな色でした。
20061102055548.jpg

中古車屋に置いてあったやつに乗り込み、
キーを回すのではなく、ボタンを押してセルを回し、
エンジンがかかった時の感動たるや!
しかも床が木製で一部抜けていたので、
アスファルトが見えておったのも魅力的でした。
このメタルカラーもいいですねぇ。
20061102055911.jpg

こいつに乗って日本中をちんたらと旅する夢を持ったものですが、
それも夢で終わるのか。
現実の暮らしと、家族構成と、収入を考えた時、限界ってあるものです。
残念ですが、ヨンマルと合わせて、ひと時の夢を見ました。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/476-f1fbc727