FC2ブログ
CIMG0108-2.jpg


18日午後、吉村医院を退院しました。
助産婦のハラさん、ワタナベさん始め、
お世話になった皆さんに感謝感謝。
吉村先生にもご挨拶。
「今回のおたく様との出会いは、とても大きな喜びでした。」
私も全く同じ気持ちです。

悠太は最後の二日はほとんど寝て過ごし、起きても騒ぐことなく、
本当におとなしくしてくれていました。
寝ている時など、死んでやいないかと鼻息を何度も確認したほど。
でも退院は悠太にとって初めての外界です。
疲れなければいいけれど。
ところが余計な心配はいらず、
カミさんお手製のスリングに入ると、そのまま寝てしまいました。
その後、帰宅するまで全く騒がず、大助かり。

それが、帰宅してから突然泣き出し、止まりません。
やっぱり車の長旅で疲れたか、あるいは住環境の違いに気付いたか。
5時間ほどぐずいておりました。
夕食は簡単メニューで済まし、その日は片付けもほどほどに終わり。

翌朝、家の中、外を見回り。どこもクモの巣やほこりがすごい。
掃除にしばらく追われるかも。
一週間ほっとかれた犬達は狂喜乱舞。
餌は隣のタケオさんにお願いしたのですが、散歩はなかったのです。
甲斐犬のゴンは大暴れで喜び、腹を出して射精します。
狩猟犬なのに大丈夫かいな。猿に餌付けされないかと心配。
グレートピレニーズのファルコンは11歳半。
さすがに歳をとったのでさほど騒ぎませんが、それでも嬉しそう。
久しぶりの散歩を楽しみました。

さて、帰宅後の最初の仕事はコンポストの設置です。
実はカミさんを岡崎に連れていった日の日中に作っておいたのです。
木の取っ手がついた蓋つきで、足元は地面に突き刺さるよう、
先の細い棒が突き出ています。
我が家には他にも「ミミズコンポスト」というものもあり、
ミミズ君たちが残飯を肥料に変えてくれていますが、
いかんせんペースがゆっくりなので残飯が余っていたのです。
これで当分は大丈夫かな?

カミさんが悠太にかかりっきりなので、家のことは私がします。
食事の準備と片付け、買出し、掃除・・・
もちろん仕事もします。
帰宅早々、フル活動です。
でも元気。
「ハウルの動く城」じゃないけれど、
守るものが見つかればエネルギーが湧いてくるものです。

自信作?のコンポスト
CIMG0171-2.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/49-168820db