FC2ブログ
2007.01.16 障子応急処置
薪ストーブがやってきてから、我が家の暖房事情は大幅に変りました。
まず灯油代が昨年に比べて月2万円ほど浮いています。これは大きい。
そして家全体が暖かいので、家の中の移動が楽です。
ところで何故そんなに家全体が暖かいかと言いますと、
隙間だらけだからということもあります。

戸板はゆがみ、障子は破れ、熱が逃げ放題。
でも私はそれくらいが丁度良いのかもと思い始めています。
世の中は、できるだけ断熱しようとしたり、
「外断熱がいい」とかいろいろ言われていますが、
少々熱が逃げても、家が呼吸するのがいいんじゃないか?
そしてそのおかげで多くの部屋が暖まれば温度差がなくていいじゃん。

でも限界というのもあります。
例えばこれ、縁側の障子です。U太怪獣ほか大勢の怪獣が通った後です。
すごいですねぇ。大荒れという感じ。断熱効果ゼロ。
この障子はいずれ改造して下半分に透明のパネルを張ることにしています。
だから今はむしろやりたい放題のままです。
20070116052759.jpg

ここまではいかないまでも、最近薪ストーブ部屋の障子の破れが目立ってきました。
そこで昨日の午後、一発奮起して障子張り替えをしようとしたのですが、
「ちょっと待てよ。障子を水で濡らして剥がして、
それが今日中に乾くか?」とシンプルな疑問に衝突。
ということは、最低丸一日、できれば二日必要なのでありました。
そんなことぐらい前もって読んでおけよと、我ながら呆れます。

そこで、ならば応急処置をしましょうと、
破れた面だけコピー用紙を貼ることにしました。
桟にかかるようなサイズにコピー用紙を切っていきますが、そこで登場!
型紙です!厚紙を切っただけですが、これでこの先の作業が楽です。
20070116052848.jpg

そして切った用紙ををどんどん貼っていきます。
貼った面はこんな感じ。ちょっと目立つような気もしますが、
20070116052919.jpg

心配ご無用。表から見ればそれほど気にならない、はず。
20070116052948.jpg

これでこの冬はやり過ごすことにしました。
そして春になったら一気に張り替えましょう。
それまでに来られるお客さん、どうぞ笑ってやってください。
うちはこんなものです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/551-4ef931da