FC2ブログ
親父が照れ臭そうに、そして半ば自慢気に、
「ちょっとな、こんなことに気付いたんやけど、どうかな?」
と一枚の紙切れを見せてきました。
そこにはある計算式が書かれていました。

そこで問題です。あなたは次の計算を暗算でできますか?
①13×17=
②16×19=
③18×14=

私?そんなのできません。
ところが親父は急にできるようになったと言うのです。
その計算式が次の通り。

まず、それぞれの一桁の数字を掛けます。①ならば、3×7=21
これを2と1に分ける。
次に、最初の二桁の数字と、次の二桁のうちの一桁の数字を足します。
①ならば、13+7=20
この20に、最初の2を足して22
そのあとに1を続けて書いて「221」が答。

ほう、なるほど。何だか分からないけれど、すごいことだ。
感心して眺めていましたが、
今度は私がこんな風にも考えました。

まず、最初の二桁の数字と、次の二桁の数字のうちの一桁の数字を足します。
これはさっきと同じです。①ならば、13+7=20
そしてその数字を10倍します。つまり200です。
それに、それぞれの一桁の数字を掛けた数字を加えます。
つまり、200+21=221
どうだ!

親父「ほほう、そういう手もあったか。」と少し悔しそう。
でも最初の仕組みを見つけたのは親父なので、それはすごいことです。
しかも、何の本も読まずに、自分一人で思いついたとか。
将来は数学者になれるかもね。

ところで、この計算式が成り立つのは、20×20までです。
それを越えると、いきなり成立しなくなる。
「どうやったらええんかなぁ?」
次なる目標に向けて頭をひねる、今年73歳の未来の数学者であります。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/558-792d707c