FC2ブログ
「店を出す!」と唱え続けて数年が経ち、ようやく保健所に営業許可申請してきました。
ここまでの道のりは長かったなぁ~~。

まず、「自宅を改造して店用の厨房にする」というのは何かと障害がありました。
「家庭用の厨房と分けろ」とか、「出入り口を全て半自動以上にしろ」とか。
特に古民家は、衛生面に目をつけられているように感じます。
だから床材とか、排水設備(グリーストラップと呼ばれる油水分離槽)の設置も、
指導通りにしました。

「他のところはそんなに厳密にせずに、楽して取ってるよ。」
という声も聞こえてきます。特にカミさん方面から。
でも今回私は「優等生」に徹しました。
というのは、ここで変に誤魔化して、後になってからあれこれ言われたくないから。
この先U太が大きくなった時に、
「あいつの店はいいかげんにしている。」とは言われたくないです。
だから結構真面目に厨房を作りこみました。

そのおかげもあってか、申請書類や図面ではノーチェック。
でも、ある書類で担当者の目が留まりました。
今回唯一カミさんに任せた部分で、菓子製造の方法についての説明箇所です。
この書類を担当者が、それこそ穴が開くかというくらい凝視し、
そしてため息をつきました。

さてそこで問題です。
以下がその文章ですが、担当者はこれを見て何を指摘したでしょうか?
実は彼は4箇所指摘しました。
よ~く考えてみてください。

・・・・・・・・・・・
取り扱い品目: クッキー
原材料:
小麦粉、オートミール、砂糖、菜種油、塩、はちみつ、ナッツ(くるみ、胡麻)、
ドライフルーツ(レーズン、干しいちじくなど)、水、りんごジュース
製造工程:
①粉類(小麦粉、塩、砂糖、ココア、スパイスなど)を混ぜ合わせる。
②①に菜種油を加え、混ぜ合わせる。
③ナッツ、ドライフルーツを加える。
④水分(水、りんごジュース、はちみつ)を加え、まとめる。
⑤成型する。(型で抜く、切る)
⑥オーブンで焼成する。
⑦冷めたら包装する。
<表示ラベル>
名称: オートミールクッキー
原材料:  小麦粉、てんさい糖、菜種油、オートミール、くるみ、水、塩
消費期限: 19.4.1
保存方法: 冷暗所で保存の上、お早めにお召し上がりください。
製造者:   ㈱○○研究所 『もりのいえ』
       岐阜県中津川市加子母○○番地
・・・・・・・・・・・

分かりましたか?
ちなみに、これはサンプルとして書かれていた事例(まんじゅう製造)を
元にして書きました。
いわば、その通りに書いただけなのですが、
それでも担当者は「4箇所まずい」と指摘したのです。
では回答いきましょうか?

指摘①
添加物の有無について書いていない。
原材料に添加物を含む場合は、そのように明記すること。

指摘②
乳製品や卵についても同じ。「原材料に乳(卵)を含む」と書くこと。

指摘③
内容量が書いていない。○○g、あるいは何個と書くこと。

指摘④
クッキーの場合、消費期限ではなく、「賞味期限」である。

ということです。
①②については、私がその場でこう答えました。
「うちは添加物も乳も卵も使わないのでこういう表示にしました。
でもなかには知らないうちに原材料に入っている場合もあるかもしれないので、
それは逐一調べて、あった場合は表示します。」
これでクリア。

③は、サンプルに書いてなかったからですが、
「書けばいいんですよね。」でクリア。
④もご指摘の通り訂正します、でクリア。
ということで、次回、検査に来られる時に修正して出すことになりました。
やれやれです。

ということで、あとは検査を待つばかり。
当日が楽しみです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/577-86e10f17