FC2ブログ
昨日の朝はクレソン狙いで出かけました。
昨年見つけた採り場に着くと、ありました!
想像していたよりは少な目だったけれど、しっかり採取。
20070227054912.jpg

夜は先日届いたソーセージに付け合せて、腹一杯いただきました。
う~ん、美味い!U太も親の真似して、顔をしかめながらも食べていました。
20070227054946.jpg

ところでこのソーセージ、
先日紹介した時にお問い合わせをいただきましたので、改めてご紹介します。
実は売っているのです。製造販売元は『源ファーム』と言います。
こだわりの製法で作られたソーセージ。最高に美味いです。
私は「日本一」の称号を授けます。是非お試しを!
何がすごいかって、商品の表示ラベルをご覧あれ。
このラベルを見て驚かない人は、最近の食肉加工情勢をご存知ないです。
20070227055017.jpg

ただし、難点が一つだけあります。
北海道から取り寄せるので、送料が高いのです。
半端な量を注文すると、送料の方が高くなるほどです。
こういう時の解決策はたった一つです。それは、「たくさん買うこと」です。
ということで、興味を持たれた方はご近所と声掛け合って、まとめ買いしましょう!
「岐阜の人のブログを読みました。」と言えば、
サービスしてくれるかどうかは分かりませんが、
きっと愛情込めて送ってくれるでしょう。


さてクレソンの話題に戻って、実はこいつら、根付き方がちょっと変です。
育っている場所は明らかに公有地の、水が流れる土地なのですが、
しっかりと根付いてはいません。
どちらかというと「たまたま水の流れがよどむ場所に引っかかっている」様な感じです。
だから引っ張ると根っこごと抜ける様に取れてしまいます。

そういえば、このずっと上流で、クレソンを育てている人がいました。
ということは、その方のクレソン畑から流れてきた根が、
たまたま水がよどむ場所で引っかかって大きくなったということ?

こういうのって、「野草」と呼べるのだろうか?
以前飼われていたものが野に放たれて野生化したという意味では、
確かに野草かもしれないけれど、
もしかしたら「野草歴数ヶ月」かもしれない。
どうも微妙だな。養殖マグロみたいですが、まぁ良しとしましょう。

今回、食べられるところだけを残して、
根の部分はうちの庭の水気の多いところに置きました。
うまく根付けばいいな。これは栽培そのものですけれど、これも良しだ。

ところで、今回、セリの群生地を二ヶ所見つけました。
まだ小さかったので採りませんでしたが、見て思ったのは、
「きちっと水耕田を作って、それから移植した方がいいな。」ということ。
昨年は空いていた湿地にセリやワサビを移植しましたが、もう既に空きがありません。

湧水は裏山から出ているのですが、それをきちんと田に引く道ができていないのです。
「これは湧水の採り口から、きちんと整備しなさいということかもしれない。」
元々今年の大きなテーマに挙げてはいましたが、俄然その気になってきました。
ただまだ水は冷たいので、今は無理ですが、
仕事が落ち着くであろうGW後からぼちぼち始めますかな?
そこで募集です。
「湧水を引いて、水耕田や岩魚の池を作りたい人、集まれ!」
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/594-f8705892