FC2ブログ
昨日、タイスケさんはじめ三名の方が、店作りに来てくださいました。
一応、必要な材は持ってきてくれたものの、
「使った材の分だけ後で清算しましょう。」とのことで、
休みの日に来てくれたにも関わらず、儲け度外視で対応していただき、感謝です。

では、まずはリフォーム前の店内の様子です。
いわゆるbefore。合板でびっしりと固められています。
20070311092848.jpg

さて解体が始まりました。すると驚くなかれ、
店内の壁も天井も、表の合板を剥がすと良い雰囲気の材が出てきました。

玄関から入って右側の壁に出てきた材
20070311092936.jpg

左側
20070311093012.jpg

そして天井。これらはそのまま使うことになりました。
20070311093048.jpg

造作したのは壁と天井の間の部分など、一部だけです。
20070311093121.jpg

その他、うちの旧牛小屋に置いてあった材を優先して使っていただいたこともあり、
結局持ち込み材は、床材以外はほとんど使わないことになりました。
ありがたいことです。

そして今回のもう一つの大きな成果は、外壁です。
以前にも書きましたが、道に面した側がトタンで覆われていることに、
私は大いに不満がありました。
でも今回、店の玄関を細工するために一部のトタンをはずしてみると、
古風な壁が出てきたではありませんか!
ではとばかりに、俄然やる気が出てきて、全面剥がしてしまいました。
これは引っ越す直前に撮った写真です。
20070311093202.jpg

これが今朝の写真。
小雨の中で撮ったので少し暗いけれど、かえって鄙びた感じが深まっています。
なかなかいいでしょ?
20070311093356.jpg

ところが一番右側の壁は、トタンをはずすと内板がむき出しになってしまいました。
20070311093243.jpg

ここは雨戸袋があった場所で、それを取り除いてトタンを張ってあったのです。
ということは、どこかに雨戸袋があるはず・・・
で、見つけました。家裏で雨ざらしになっておりましたが、
側をはずして板の部分だけにして壁に取り付け。
トタンはがしと、この補修は私一人でやりました。
壁は「いつか剥がしてやるぞ!」と心していたので、感慨無量です。
20070311093431.jpg

一方、大工さんたちは玄関の土間づくりに励んでくださっていました。
ここを土間にするアイデアを出していただいたことで、
店のイメージが一層深まりました。
しかも、旧牛舎から栗の4寸柱を見つけ綺麗に仕上げて
上がり框(かまち)をつけてくれました。
ここまでは考えていなかったので、感激ものです。
20070311093504.jpg

リフォーム前の店玄関。
20070311093316.jpg

出入り口を下げ、とっておいた茶色のサッシを取り付けると、店の入り口っぽくなりました。
20070311093545.jpg

残りの作業は来週にすることになり、店づくりは着々です。
あとは商品棚をどうするかですが、これもアドバイスをいただきました。
「壁の両側にはしごをかけて、板を渡したら?」
なかなか良いですねぇ。
できれば古材のはしごがあればいいな。これから探すか、作ってみようかな?
もうワクワクです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/606-e531b7bf