FC2ブログ
「いつかお弁当持って花見に行きたいねぇ。」と言っているうちに、
どんどん時は流れておりました。
加子母でのソメイヨシノの満開時は、まさに断乳ドラマの真っ盛り。
とてもそんな雰囲気はありませんでした。

そんな昨日、カミさんが「八重桜の花びらを集めたい。」というので、
家族一緒に出かけることにしました。
八重桜の花びらは塩漬けにしておくと一年中重宝します。
一つあしらうだけで料理が華やぎます。味も良いし。
昨年もたくさん集めて仕込みました。本物山菜蕎麦にも登場。

「今年はもっとたくさん仕込みたい。」との要望にお答えして、
今年は咲き始めの頃から狙うことにしたのですが、
何処の八重桜が採り頃かが分からない。
「ドライブしながら探そうか?」と、おにぎり弁当を持って出掛けました。

そしてむらを越えてすぐのところで、遠目にそれらしき花満載の集まりを発見。
「あれ、どうだろう?」
「よさそうだけれど、人が管理してそうだね。」
「近くで誰か作業しているから聞いてみよう。駄目でもともとだ。」
と畑仕事をしているおばさんに声を掛けました。
20070423233744.jpg

「すいません。八重桜の花びらを探しているのですが、あの樹はお宅のですか?」
少しは警戒されるかと思いきや、満面の笑顔でおばさん、答えてくれました。
「あれはねぇ、三色の桃なんですよ。残念だねぇ。」
農作業を止めさせられたことなど全く気にならない様子で、
しばらくの間雑談してくれました。

と、おばさんの手元を見ると、一斗缶におからがギッシリ。
同じ缶が5つほど見えます。
「これ、おからですか?」
「そうよ。うちは豆腐を作っているから、おからがたくさん出るのよ。
それでね、食べきれないから畑の肥やしにしてるの。」

「もしかしてその豆腐って、『東白川村の豆腐』ですか?」
「そうよ。」
ちょうど車から降りてきたカミさんと目が合いました。
「その豆腐、うちで扱わせていただいてるんです!」
ひょんなことから、製造者の方に出会うことができました。

その後、いろいろ立ち話で会話がはずみます。
たまたま持っていた日本農業新聞をお見せしたこともあり、信用してくれた様子です。
新聞がいきなり役立っています。
「実は私、おからが大好物なんです。」という不躾な一言に、
畑の肥やしになる寸前のおからを分けていただきました。
放し飼いの鶏の卵も一緒です。
20070423233825.jpg

聞けばおばさん、今年の加子母の伊勢神宮獅子舞奉納の旅にも行かれてたとか。
「私も行っていたんですよ。」とさらに盛り上がり。
「近所には多芸・多趣味の人が多いから、今度ゆっくり遊びにいらっしゃい!」と、
こちらからいきなり声をお掛けした初対面とは思えないノリでお別れしました。
田舎って本当にこういうところがすごいです。

素敵なおばさんと別れてすぐの場所に、
これまた素敵な桃が数本咲く場所を見つけました。
その前でわっぱ弁当を広げて、ささやかな花見昼食です。
黒豆入りのおにぎりがとても美味しかった。
こういう瞬間は何時にも換えられない貴重な時です。
20070423233900.jpg

その後、もともとの目的だった八重桜はまだ数日早いことが分かり、
もっぱらドライブして帰りました。
ささやかな、本当にささやかですが、家族との幸せな時でありました。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/650-98c98d40