FC2ブログ
背景に負けて分かりにくいですが、この樹が何の樹か分かりますか?
これは「ユリノキ」という名の樹です。
一般に「ユリ」と呼ぶとあの香りの高いユリの花と混同されてしまうところもありますが、
異なる種の樹木です。
私はこの樹が大好きなのです。
20070509085353.jpg

この樹の葉っぱはとてもユニークな形をしています。
凧のような、あるいは歌舞伎役者のような、ひょうきんな顔をしています。
20070509085423.jpg

この樹がうちのどこにあるかって?
この季節は存在感が無いから見つけにくいかもしれませんが、
実は道からの階段を登ってすぐ傍にいます。
つまり、我が土地で一番目立つ一等地に立っているのです。

このユリノキ、2003年の秋、種から双葉が出ただけの状態の時にいただきました。
私たちが結婚を決め、私が八ヶ岳を離れる直前に、
お世話になった方からのプレゼントです。
二苗いただいたのだけれど、一つはほどなく溶けてしまいました。
残った一苗が無事に育ち、
2年前に加子母に移植したのちもしっかりと根付いてくれました。
私たちの暮らし始めからずっと見守ってくれている樹なのです。

上に紹介した画像は、まさに今の時期のもので、若葉が出たばかりなので貧弱ですが、
これからこの葉一枚一枚が10~15cmほどまで大きくなり、
夏以降はとても存在感のある樹になります。
またこの樹の成長はとても早く、将来はこれほどにまでなるかも。
分かります?左下に写っているのが人です。
20070509085455.jpg

そしてこの樹は紅葉が素晴らしいのです。
真っ青な秋の空をバックに、黄金色したユリノキの葉の大木を眺められる時は、
そう遠くはないでしょう。

ところで『葉っぱのフレディ』というお話をご存知ですか?
私はこのお話の映画を、神戸の「人と防災未来センター・ひと未来館」の
「こころのシアター」で観ました。
その時の主人公がまさにユリノキの葉だったのです。
改めてこのお話を読んで、そしてうちの庭のユリノキを見ると、
胸がキュンとなります。

いのちの大切さを思い起こさせてくれる、
そして私たちの暮らしのスタートから見守ってくれていて、
年々大きく育っているこのユリノキは、
まさに私たちのハウスツリーです。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/665-c1767875