FC2ブログ
2007.05.10 70歳のU太?
先日、我が家から二本の虹が見えました。
外側の方はちょっと見えにくいけれど、肉眼だとよく分かりました。
20070509222625.jpg

「綺麗だねぇ~」と言いながら写真を撮って振り返ると、
何故だかU太がポーズを取っておりました。
お前、ちょっと決め過ぎていないか?
20070509222712.jpg

近寄って撮ろうとすると、ますますモデル気分のU太。
何を見ている?U太。
20070509222805.jpg

その夜、夕食時にカミさんがポツリと吐いた言葉にドキッとしました。
「U太が70歳になったら、どんな世の中になっているでしょうね。」
自分が70歳になるという想定はしていましたが、
それでもその時にどういう世の中になっているのかさえ想像できないでいます。

ましてやU太が70歳になる時代なんて、
「地の果てに何があるのか分からない酋長」の気分です。
でも、不慮の事故や病気に遭遇せずに普通に生きておれば、
U太にも70歳になる時が確実にやってきます。

遠い未来の事は予知できないにせよ、
せめてそれくらいのスパンで物事を見なきゃな。
なんてことを考えていたら、以前カミさんが
「たまには映画でも観てきたら?」と言っていたのを思い出しました。

その映画とは、『不都合な真実』です。
アル・ゴア元米副大統領が伝える、
まさに知りたくもなかった不都合な地球温暖化の真実の数々。
何とか時間を工面して観てきました。

いやはや、圧倒的な情報量に参りましたよ。
一つ一つのネタは知っていることが多かったですが、
それを整理してたった100分弱に収めきったことに感心しました。
そして流石リベートの国というか、ゴアさんのプレゼン力にも感心。
「もしこの人が大統領になっていたら、時代は変っていたかも。」と、
つい「たられば」を考えてしまいました。

あまりの情報量にまだ消化しきれていませんが、
ただ思うことは、「さて、では私に何ができるのだろう?」ということ。
ゴアさんの様に世界中を講演して回ることは無理にしても、
何か自分にできることってあるんじゃないかな?
のん気に草刈りをしていていいのかな?
でも草刈りも大事だぞ・・・

いろんなレベルで思案してしまいますが、
話は戻って、せめてU太が年寄りになるまでのスパンで、
これからは生きてみようかと考えた次第です。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/666-76fd8c37