FC2ブログ
20070527230854.jpg

無事終わりました。わらべ村のイベントへの初出店。
今は心地良い余韻に浸っております。
そこで、おもむろに振り返ってみます。ちと長くてすいません。

■準備万端!上々の滑り出し
前日のうちにあらかたの準備と、車への積み込みを済ませていたおかげで、
当日はやることがはっきりしていました。
私の場合は「食材採り」と「加工」です。

朝4時に目を覚まし、明るくなるのを待って山に入ります。
今回は時間との勝負です。
「採るものリスト」を作成し、効率的な収穫ルートもイメージして出発。
1品種の収穫時間3分を目安に、どんどん採っていきます。
あっと言う間に買い物カゴ2つが一杯に。
これらを1品種ずつ新聞にくるみ、クーラーボックスに詰めて、収穫は無事終了。

他に、モミジガサ、ニリンソウ、コシアブラなどを茹で、加工します。
全ての作業が早目に完了し、時計を見ると、予定より30分早く目処がつきました。
そこで、「ちょっと寝る」と宣言して寝室へ。
カミさんはカミさんで大わらわしておりますが、申し訳ない。
今回はお互いがそれぞれベストを尽くすということで、
自分のペースでやらせてもらいます。

30分きっかりで目を覚まし、最後の積み込みをして、
お手伝いのキヨチャンも来てくれて、いざ出発!
道が空いていたこともあり、1時間少しで美濃加茂の会場に到着できました。
このことが、この日の成功の第一歩でした。

■大反響!?
登録をして望みどおりのブースをゲットし(早い者勝ちなのです)、
いそいそと準備開始。
と、ここでU太君、むずかり始めました。おかげで身動きとれないカミさん。
仕方ない。これは大人のエゴなのだから。
ともかく早目に到着できて本当に良かった。

10時の開始時刻に無事開業。
カミさんのクッキーとケーキが出足好調です。
今回の商品についてはカミさんのブログをご覧ください。どれも美味いです。
20070527230423.jpg

山野草弁当は「昼飯」と思われているためか、出足は遅し。
「これって現物のイメージができないせい?」と思い、
一つ作ってカウンターに置くことにしました。
弁当第1号を記念して一枚。
20070527230507.jpg

そのお陰か、次第に注文が入り始めます。
この弁当、注文を受けてから「山菜ちらしご飯をセットし、
お浸し4種を盛りつけ、天ぷら10品ほどを揚げて盛る」という代物ですので、
一つ作るのに時間がかかります。
一人の方から注文を受け、揚げていると、
他の人が「何これ?」という具合に集まってきました。
20070527230550.jpg

そこであらかじめ予約をいただき、後で取りに来てもらうことにしましたが、
「あと5分後です」から始まり、「10分後」「15分後」と延び続け、
最後には10名待ちの「30分後」にまでなりました。

ということは、当然ながら私は揚げに専念です。
でも黙々と揚げていると無愛想に思われそうなので、
私が揚げている姿を見ている人がいると、
「これは何だか分かる?」と愛嬌をふりむきながら揚げ続ける私。
20070527230626.jpg

ありがたいのは、立ち寄ってくれたほとんどの人が歓声を上げてくれたことです。
そして出来上がった弁当を差し上げると、皆さん一応に嬉しそうな顔をしてくれました。
写真を撮ったりして、まるで「お宝発見!」という様な顔で、
いそいそと食べる場所に向かわれる姿を見ると嬉しくなります。

そして食後にも立ち寄ってくれて、
「美味しかったよ。」と声を掛けてくれる人もいて、なお感激。
カミさんも、一度クッキーやケーキを買ったお客さんが、
「さっきの美味しかったから、もう一つください。」と来てくれて、とても満足気。

一方、弁当の方は11時半頃には事実上、予約完了しましたので、
その後に来られた方は間に合わず、とても残念そう。
出来上がりの他の人の弁当を見て、全身で飛び跳ねながら感動しながらも、
「でも食べられないのがすごく残念!」なんて言われると、申し訳ないです。
カミさんも私も思わず「来年は早く来てね。」なんて声を掛けますが、
今から来年の話をすると、鬼が大笑いしますか・・・

■みんな、ありがとう!
今回何と言っても助かったのは、ヘルプのキヨチャンです。
本職は画家であるキヨチャンですが、人当たりの良さと、動きのソツのなさから
是非にとお手伝いをお願いしたのですが、もう期待以上の動きを見せてくれました。
今回は特にU太がぐずつき気味で(当たり前だ)、
その相手にカミさんがかかってしまったので、
その分キヨチャンが大車輪で動いてくれました。本当にありがとう。

でもお陰で、何度も「私のカミさん」と間違われてしまい、すいませんでしたね。
今度はキヨチャンがデザインしたTシャツを是非売りましょう!
良ければ「もりのいえTシャツ」をデザインしてくれないかな?
20070527230704.jpg

他にも、写真を撮ってくれたイチゴさん親子や、吉村医院の皆さん、
その他にも大勢の知り合いの方や、
カミさんからよく聞かされていた人たちと出会うことができました。
また、二日前から泊まりに来て手伝いをしてくれたお母さんと妹のメグちゃんも。
みなさん、本当にありがとうございました!

■次回に向けて
さて無事一日が終わり、やっぱり心は来年に向かっております。
まず私たち全員が感じたのは、「1ブースじゃぁ、狭いね!」
狭いスペースでカツカツの状態でした。
次回出るなら2ブースだね。

そして、昨日は特に暑かったから思うのですが、
「保冷ケースって必要だな」ということ。
朝採った山菜たちがみるみるうちに萎びていく姿を見るのは忍びなかったです。
「保冷用のガラスケースが欲しいな。」という私に、
「だったら私も生ケーキを置けるわね。」と乗り気なカミさん。
また、冷たい飲み物があればいいなとも感じました。
今回も大人気の「東白川の豆乳」を使った、
さっぱりとしたドリンクを売れたら喜ばれるかもしれない。
20070527230743.jpg

そんな風にまたいろいろとイメージ広がる私たちです。
いざ来年を迎えるとどういう心境や環境になっているかは分かりませんが、
是非前向きに考えていきたいですね。そして毎度趣向を凝らしていきたいものです。

■小さな一歩、大きな成長
今回、初めての出店ということと同時に、
こういうイベントに家族で取り組む初めての行事ということもあり、
早めに段取りを開始しました。
これは全くの正解だったと思います。

立ち寄る方々から何度も
「加子母に行けばこういう食事を食べさせてくれるのですか?」と質問を受けました。
「いやまだなんですよ。」と答えるのが心苦しかったですが、
その反面、「このやり方でいけるかも。」と自信を深めたことも事実です。

また、他のイベントを企画しているという方からは、
「他のイベントにも出てくれますか?」と声を掛けていただきました。
即答はできませんが、こういう機会を捉えて、できるだけトライしていきたいです。

というのも、こういう「ハレの場」を通して、人は成長していくものだから。
今回も私たちはかけがいのない経験を積み、出会いを増やし、
そして自信を持つ事ができました。
こういった経験の蓄積を止めることなく続けていきたいものです。

心地よい満足感を得ながらも、
終日面白くない顔をしていたU太を思うと不憫でなりませんでしたが、
帰宅した途端に嬉しそうな声を上げ、次第に笑顔を見せてくれるようになりました。
その姿を見て、夫婦ともようやく心が和んだ次第です。

そして何よりもカミさん、よく頑張ったね。ご苦労さん。
帰宅後も笑顔を絶やさぬ姿に感謝です。
「今日は良い一日だったね。」と、本当にそんな気分になりました。
加子母に移住して丁度2年となる記念の日に、
出会ったご縁と、過ごした時と、素晴らしい機会を与えてくれたコトにも感謝です。
ありがとうございました。

Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/684-24735d34