FC2ブログ
昨日、アポイントを取っていた方と初面談した際、
「masanは近畿大学の講師でいらっしゃるんですってね?」と確認されました。
「へっ?」てなもんでしたが、
聞けば検索エンジンで私の名前を調べたら出ていたとのこと。
明らかにその方の早とちりだった訳ですが、これって笑えません。

「検索をする」という行為がこれほど暮らしの中で重要なことになる世の中って
想像していましたか?
私は恥ずかしながらつい最近まで思ってもいませんでしたよ。
でも今では何かを始めようとする前には必ず「検索」してから臨みます。

例えばある会社を訪問する前には
必ずどんな会社なのか検索してチェックしてから伺います。
その内容によって会社の良し悪しの判断を事前に済ませている場合もあります。
実際の姿を見ないで、ネット上の情報だけで判断するのは怖いことなのだけれど、
実はその罠にすっかりはまっています。

カミさんも外食や買い物をする前に必ずチェックしています。
それにしても、
会う前の普通の「人物」を事前検索するようにまでなったことに驚きです。

そんな新鮮な驚きの余韻をひきずったまま、午後のある会議に出席していた時、
「自分の名前を検索したら出てきた」という話題になりました。
それが本人のこともあり、赤の他人のこともあり、だそうです。

そこで帰宅後、早速に自分の名前で検索したところ、出てきました。
まずは先の方のご指摘通り、近畿大学農学部講師が圧倒的に登場してきます。
(yahoo第1位ほか、Google第1位ほか)

他にも、日本農業新聞掲載記事が見つかりました。(yahoo第3位、Google第8位)
これは私本人です。
また、以前2年間だけ暮らしていた地域で、
あるイベントでの講演を依頼された時の記事が見つかりました。
懐かしいなぁ。私ってば、言ってることが変わらないではないか!

因みに、カミさんはフェンシング選手や馬術選手だそうです。
U太はラクロスの選手だとか。うちの家族はスポーツ系か?
また、私の会社は、東京文化学園の中にある研究所名の一部でした。

ところで、上の「自分の名前を検索したら出てきた」話題ですが、
それはその会社の社員一人ひとりの今年の抱負がアップされたものでした。
このブログを読んで心当たりのある方、一度検索してみてください。
あなたの今年の抱負がこの世の中に公開されております。

全くすごい世の中ですね。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/685-57704d7b