FC2ブログ
昨年の春から夏にかけて、我が家の前の崖のユリについてひと騒動ありました。
(大げさか?)
その時の様子はこちらをどうぞ。
(この日のブログは稀にみるコメントラリーが続きました。)

さて今年の春もユリの芽が出始め、
やがて「ここをユリの群生地にしたい。」と言う、例の男性が現れ、
勝手にと言うかご好意で崖の草刈りをしてユリを守っておいででした。
後で知ったのですが、この男性を始め、有志で草刈りをしている人々は、
地元のある宗教団体の方々でした。

「宗教団体」というとちょっと身構えてしまいそうですが、
この団体はとても地域に馴染んでいるらしく、ご近所で悪く言う人はいません。
だから私たちもその方々がやりたい様に任せているのです。

さてその男性が言うには、「今年は去年よりもユリの芽が増えている」とのことです。
いよいよ目論み通り、「ユリ群生地づくり計画」が進みだしたか。
そんな一本一本を支えるためと目印のために棒を立て、
周りの草刈りをする皆さん、ご苦労様です。
20070617073842.jpg

でも、あまりにその棒が増えすぎて、まるで「支え棒の林」です。
20070617073927.jpg

そうこうするうちに、気がつけば敷地の脇に看板が立っておりました。
なになに?
「ゆりを保護しています」
これはいいですが、その後に「地主」と書かれています。
20070617074055.jpg

これって微妙です。
私たちはこの土地の地主ではありません。そもそも実際に地主の許可を取ったのかな?
ともかくこの土地は私たちが借りていて、
うちの店のまん前の崖でこういう看板が出ていると、
まるで私たちが地主で、私たちがゆりを守っているみたいですね。

しかも、この看板、何故か並んで立っているのです。
これってしつこくない?
何で離して立てないの?
何だか嫌らしくない?
そしてこれを立てている地主って私たちみたい?
20070617074218.jpg

う~ん、どうしよう?

Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/704-9c51e40d