FC2ブログ
「片足のウッピー」のその後です。

「大きくなったらどうするの?本当に家の中で飼うの?」
「う~ん。どうしよう?」
正直言って生き延びた先のことはあまり考えていませんでした。
「今を生きてくればいい!」という感じでしたので・・・。
でも本当に生き延びてくれた以上、この先を真剣に考える必要があります。

そこでカミさんがこれまでに仕入れた情報をポツポツと出すには、
「もしかしてネズミがウッピーの足を食ったのでは?」という説です。
ネズミが?  生きた動物を食うの?
にわかには信じられませんが、そういうケースもあるらしい。
「窮鼠(きゅうそ)猫を噛む」という話もあるしな。

そこで改めて鶏小屋を検証してみました。(事故現場検証みたいですね。)
すると、小屋の中に土を掘り返した跡があります。
鶏が掘るようなパターンではないです。左奥には穴も見える。
「もしかしてモグラ?」
でもモグラがヒヨコの足を食うの?
20070722053821.jpg

そこでカミさんの新説登場!
「モグラが作った穴を通ってネズミがやって来て、食ったのでは?」
う~ん、モグラとネズミはグルか?それに、ヒヨコはそんなにのろまか?
でも今のところその説が最有力ということになりました。
やはり事件は現場で起きておりました。

となると、これまで疑われていたオスともう一方のメスは無実ということになります。
ということは一緒に過ごしていても問題がないということになります。
ならば元に戻そうかということになりました。
戻す前に最後の挨拶。U太は触りたくって仕方なさそう。
20070722053911.jpg

久々に親元に戻ったウッピー。とても嬉しそうです。
そして驚いたのが大人たちの反応でした。
ウッピーが戻るやいなや、ウッピーを囲むように立ちはだかったのです!
まるでスクラムを組んで、私からウッピーを守っているかのように。
20070722053951.jpg

やはり彼らに罪はなかったのか。すると私は悪代官か?
愛情が報われない一抹の淋しい風が通り過ぎた私ですが、
ともかくお前達を疑ってゴメンね。
でもこの機会に
「一体どちらが今回の母親で、もう一方は果たして卵を産むのか?」を知るために、
片方のメスの足に目印を付けました。
左足に金の止め具をくくりつけたところ、そいつが今回の母親のようです。
(ちょっと光って見えないね。)
20070722054037.jpg

さて日が暮れ始め、鶏小屋を覗いてみると、
オスと、金無しメスの二羽は宙に浮いた枝に飛び乗って、そこで眠ろうとしています。
でも金有りのメスつまりお母さんは地面に座り込み、
腹の中にウッピーを寝かしつけているようです。

その姿を見て、
「あぁやはり母親は子を守っているのだなぁ。」と感心すると同時に、
今回の事件の真相を推測することができました。
それは、「夜、母親の腹の元で、地面に接して眠っていたウッピー。
ちょうどその下をモグラがトンネルを掘っていて、
地上に出ようとしたその場所にウッピーの足があり、
思わず手を出したところ、もげてしまった!」という説です。どうでしょうか?

ただ思うに、せっかく木箱の中にワラも敷いてあって、
金母(ついに名前がついてしまった)もそこでウッピーを産んだのに、
夜はそこで寝れば安心じゃないかということ。
卵をかえす場所と眠る場所は分けて考えているのかな?

ならば寝室を新たに作る必要があるなぁ・・・
あるいは鶏小屋全体の床を補強せねばならないのか・・・
と、またしてもつらつらと考えておる私です。
でも今度は愛情が報われるでしょうか?

ともかくウッピー、またお母さんと一緒になれて良かったね。

↓応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/739-7108a5af