FC2ブログ
昨日に続き、水周りネタです。
うちの母屋に降る雨は、雨どいをつたって四つの角に集められます。
そのうちの三つの角は雨水タンクに貯めています。
ただ、南西の一角だけは何にもしていません。

何にもしていないと言うのは、本当に何にもしておらず、
ただ家の角から垂れ流しているのです。
それを古い雨どいに受けて、敷地外に出しています。
でも設置がいいかげんなので、大雨の時は溢れてしまいます。
つまり家の角の敷地に浸み込んでいるのです。
このままで良いはずがありません。
20070724080338.jpg

何故このままにしているかと言うと、
「家の前の畑まで引いて、に小さな池を作りたい。」と画策していたからです。
ところが他の作業にかまけて、なかなかそこまで手を出せずにいたというのが真相です。
でもこのままで良いわけがありません。

「ようし、そろそろ地面を掘ってU字溝を埋めて、水を引くか!」と
重い腰を上げ始めたその時に、あることを思いつきました。
「フロー・フォームを取り付けられないかな?」
20070725113452.jpg

フロー・フォーム(flow form)とは、陶器などで作られた器をつなげて水を流す装置です。
「八の字(無限大?)形に水が流れることで、浄化されるのだとか。
動画でも紹介されています。

「何で?」と突っ込まれるとあまり詳しい理屈は分からないのですが、
こういうのを置くだけで、「何かやっている」という気になりそう。
とても動機が不純ですが、まぁいいじゃない。
一つひとつの形がユニークで存在感あります。
(お尻とも、便器とも受け止められますが・・・)

そこで、「どこで買えるかな?」と探し始めましたが、これが難儀です。
どうも輸入するしかない模様。しかも結構値が張りそう。
どうしようかな?自分で作れないだろうか?
石膏に尻を押し付けて型を作って、大量生産できないかな?
でも私の「尻型」なんて誰も見たくもないよね。
(想像しただけで気分が悪くなってきた。)

一旦は諦めようとしましたが、こういうサイトを発見。
これは、ニュージーランドの「レインボウ・バレー・ファーム」を紹介した記事です。
この中でもフロー・フォームを紹介しています。記事を書いたのは私たちの知人です。
ここのファームは夫婦で一週間ほど滞在して、とても貴重な体験をしました。
そう言えばシンプルなフロー・フォームがありました。
やっぱりいいなぁ。ムクムクしてきました。

何とかならないかな?ファームのジョーに訊ねてみようか?
結構重いだろうから運賃高いかな?
本当に他のもので代用できないだろうか?
またしても頭がぐるんぐるんしてきました。

↓応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/741-22d19732