FC2ブログ
02022307-2.jpg

この写真は、3年前に友人のエビサワ氏とともに、
カナダはソルトスプリングアイランドに旅した時のものです。
泊まった宿の設計をしたという人のオフィスを訪れたら、
壁一面に工具が掛かっていました。
それを見て、思わず「いいなぁ!」と見とれている私です。
髪型は随分変わりましたが、ベストはおんなじです。

私はことさらに「男が、女が」と言うのは好きではないのですが、
例えばこういう道具を集めること、そしてそれらをメンテする喜びっていうのは、
やっぱり男が持つキャラクターじゃないかなと思います。
なかなか女性には理解してもらえないかも知れませんが、
私はこの時、「いつかは僕もこういう部屋を持つぞ!」と夢見たものです。

東急ハンズに初めて行った時の感動っていうんですかね。
仮にほとんど使わない工具であっても、
いざという時に役立つものを身近に揃えておく喜び、
そいつらがいつでもスタンバイしているのを見る喜び。
サンダーバードのオープニングにも似ているかもしれない。
何を書いているのか訳が分からなくなってきましたが、
とにかく、自分だけの道具部屋を男は持ちたいものなんです!

で、今回ついに完成しました!私の道具部屋!
もともとは確かに道具を置いてあった部屋ですが、それはただ置いてあっただけ。
それをより機能的に、そしてより美的に整理整頓したのです!
とか言ってほとんど自己満足ですが、
それにしても4畳ほどのスペースに
大工道具や農機具が揃っている姿はやっぱり感動です。

下の写真では詳細は分かりませんが、例えば棚には
「きる」「たたく」「けずる」「はかる」といったラベルが張ってあり、
それぞれのニーズを満たす道具が収まっているのです。
他にも「水まわり」「電気」「雨どい」といった用途別の棚もあります。

これだけの棚を埋めるだけの工具があるのかということですが、
これが田舎物件の面白いところ。何故か同じ工具がわらわらと出てきたのです。
それに加えて私がもともと持っていたものもあって、
ハサミ類だけでも10種以上になるというコレクションです。
ほとんどが安もんのさびさびですが・・・。
でも中には田舎マニア垂涎の(なんのこっちゃ)道具類もあり、
ほとんど民俗資料館の装用もあります。

この部屋の片づけが完了したことで、
私にとっての我が家の引越し作業はひと区切りつきました。
5月末に越してきてやっと到達しました。
今夜はそれを祝して、炭でサンマと厚揚げを焼き、酒を飲みました。
実のところこの先もやること満載ですが、
ともかくも大満足の一日でした。
悠太の一ヶ月誕生日だしね。
CIMG0344-2.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/77-5ba5a76a