FC2ブログ
<晩夏の収穫>
手前左から時計周りに、隣の畑で育った頂き物のメロン、
烏骨鶏が育てたカボチャ、ポップコーン用に育てたコーン、
私が草刈りで切ってしまった畑のスクナカボチャ
20070910024838.jpg

前日に大汗かいて身体の毒素を出したので、昨日は身体が楽でした。
早速いろいろこなそうとしたら、朝からカミさんの波状攻撃です。

「来週でもいいから、畑の通路の草刈りをしてくれないかな?」
「いいよ。」
「でも田んぼの周りは結構ヒエが実をつけてきたよね。」
「確かにそうだな。」
「ご近所から言われる前に、田んぼ周りだけは早目に草刈りした方がいいかも。」
「・・・分かりました。今すぐします。」
畑に関しては、私は従順な下僕(しもべ)です。

いざ草刈りを始めてみると、確かに草が相当育っています。
この夏は水周りを中心にしてきましたので、
その分、育ってきている感じです。
午前中にあらかた刈り終えて、稲を残してスッキリとしてきました。
20070910024953.jpg

そして午後はいよいよ願っていた作業です。
それはキノコ狩り。一昨年も昨年も、9月に入ってすぐに始めました。
もっともこの時期はこの辺りではまだまだです。
本気で採るとなると、もっと標高の高い場所に行くべきでしょうね。

本音を言うと、朝からそういう場所に向かいたかったのですが、草刈りも大事です。
こればかりは仕方がない。
今回は近場でリサーチをすることにしました。
でも未だ出ているはずがありません。

「無いと分かっていて、何故出かけるのだ?」と突っ込まれそうですが、
それには訳があります。
私はどちらかと言うと現場主義です。
「事件は現場で起きているんだ!」という発想の持ち主ですので、
まずは現場に行かないと、その気にならないのです。

案の定、目指す現場に近づくと、自分の目つきが変わってくるのが分かります。
八ヶ岳での仙人修行中、
「ハンターの目ですね。」と同僚のシンちゃんにからかわれた目つきです。
前を向いて運転していても、目の端で獲物を狙う目つきと言いますか、
全方向に神経を尖らせる様な状態になっていきます。

これこれ!この感覚がたまらないのです。
久々にこの感覚と再会し、「もっと研ぎすましていきたい」欲求がムクムクと湧いてきます。
これこそが今回の目的なのです。
やっぱり現場は大事だなぁ。

でもやはりキノコは現れません。
唯一見つけたのがこれ。
20070910025102.jpg

これは何でしょうね?
まず食用ではないとは思いますが、帰宅後図鑑を広げて調べてみます。
この動作も大切なのです。
これでようやく私のキノコシーズンが始まったなと実感します。

一昨年から書き連ねていますが、
八ヶ岳とは違い、誰かが所有している山でキノコを探すのはリスクを伴います。
本当は自分も山持ちになって、それから山に入るべきかもしれません。
山菜はともかく、キノコは結構難しいです。
だから焦らずに時間をかけてじっくりと探していくつもりです。

でも行動を始めなければ、何も始まらない。
だから秋の早いうちにこういった動きをスタートさせることに意義があったのです。
少しずつ少しずつ。でも決して止まらずに。
牛歩のごとく、実績を積み重ねていきます。


!!!!!!!!!!
↓キノコ狩りって奥が深いんだね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑「事件は現場で起きているんだ!」はどこでも使えるね!
!!!!!!!!!!

ありがとうございました!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/789-d5880a74