FC2ブログ
もうすっかり秋景色なのに、我が家ではただ一つ夏ネタが続いています。
いやますます盛んというか・・・
それは『郡上踊り』です。

踊りではなく、音楽の方なのですが、
誰が一番はまっているかというと、U太です。
朝起きるなりオーディオセットの前に陣取り、「スイッチを入れろ!」と指示します。
そして曲がかかると、ずっとこの調子。
20070925095015.jpg

他のCDに代えるとこれほどの熱意が見られません。
やはり郡上踊りでなければならないのです。
おかげで朝昼晩と聴かされている親は、随分と耳に慣れました。

郡上踊りには幾つかの曲があります。
『かわさき』『春駒』『三百』『ヤッチク』『げんげんばらばら』など。
中でも有名な『かわさき』はこんな粋な歌詞から始まります。

♪郡上のナ八幡 出て行く時は
 雨も降らぬに 袖しぼる♪

その情緒がいいですが、一番から「出て行く」とはこれもまた面白い。
私の手元のCDでは21番までありますが、
他にはこんな歌詞があります。

♪雪のナ降る夜は 来ないでおくれ
 かくしきれない 下駄の跡♪

いいですねぇ。情景が浮かびます。

♪天のナお月様 かかあ盗まれて
 雲の間(あい)から かかァかかァと♪

これはまだよく理解できない。
お月様の奥さんって誰?

♪お国ナ自慢にゃ 肩身が広い
 郡上踊りに 鮎(あい)の魚(うお)♪

これにはちょっと嫉妬。
できれば加子母でこんな唄があればいいなと。

♪泣いてナ別れて いつ逢いましょか
 愛しあなたは 旅のかた♪

これは胸キュンですね。思わず『マディソン郡の橋』を思い出しました。
そして最後の歌詞がこれ。

♪もはやな川崎ゃ やめてもよかろ
 天の川原は 西東♪

いい締めですね。
我が家からも天の川がもう見事に見えますが、
そんな夜空を見上げては、つい唄ってしまいます。

なんてことを書いていたら、『かわさき』だけで行を食ってしまった。
では続きはまたいつの日にか。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
↓いつもお目出度いね♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
↑で、唄いの方はどうなの? (ぼちぼち練習しておりまっせ!)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ありがとうございました!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/804-6a6daeae