FC2ブログ
先日、離れ家の前が片付いたことで、また一つ進化しています。
近くの製材所に、柱を切り出した後の材をお願いしたところ、即持ってきてくれました。
以前、別の製材所からいただいたものと同じ分量ですが、今回は皮を剥いたものです。
さてこれを大急ぎで切っていったのですが、そこで登場、スライドマルノコです。

以前のブログで、「スライドマルノコで薪を切っている。」と書いたところ、
「こんな大事で繊細な道具で薪を切るな!」と、
数人のプロの方から忠告(お叱り?)を受けましたが、
やはり我が家ではこいつのおかげで薪づくりがはかどっています。

朝からガンガン切っていると、
カミさんの友人一家がやってきました。
「ほら、U太君のお父さんって、いつも何かしているよね。」って、
子供に話しかけているお母さん。それって意味深?
ま、ともかく何とか日没までに無事切り終えました。
薪切り完了

寄ってみると、何だかアートです。
薪アートと呼ぼう。
薪アート

こういうカットの桧の薪アートができるのも、加子母らしさだと思います。
そして我が家の薪も随分と集まってきました。
来年の2月一杯くらいまでは大丈夫かな?
ひと冬分までもう一押しです。

でも昨年のことを思えば大進歩です。
昨年の今頃はまだ薪ストーブが来ていなかったのですからねぇ。
そして実際にやってきてから本格的な薪づくりが始まったのでした。
それを思うと、今年は本当にいろいろと片付いています。
また一つ、我が家の顔ができました。
ありがたいことです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/845-16fd048d