FC2ブログ
これは何の箱か分かりますか?
何の箱?

これだけで分かる人はすごいよね。
それにしても古ぼけたケースです。
一体どれくらい経っているかというと、ざっと50年とか。
さぁ分かりました?
実はこれなんです。
バイオリン

何故こんなものが今、私の手元にあるかというと、
実は私の親父が若かりし頃に弾いていた代物なのです。

「えっ?バイオリニストの父?」
というのは大げさですが、確かに若い頃には練習に通っていたらしい。
一方、お袋はピアノを弾いていました。
聞くところによると、婚約時代、二人で演奏したこともあったとか。
それだけを聞くと、随分とハイソな暮らしをしていたように見えますが、
さにあらず。他は地味な暮らしだったようです。

でも50年ほど前のバイオリンをよくぞ残していたよね。
やっぱりそれなりに思い入れがあったのでしょう。
そして今回私にバトンタッチされたという訳です。

でも私が弾くんじゃありませんよ。
私は横笛と民謡の唄いだけで精一杯ですから。
そのどちらも始めたばかりだし。
ということは・・・

そう、「もしかしてU太が関心を持つかも?」という、とっても淡い期待なのです。
もちろん無理強いはしません。
でも、おもちゃじゃなくて、本物のバイオリンが身近にあることで、
音楽に対して何かしらの興味を持ってくれたらいいなと願います。
「音楽って共通言語だな~!」と最近つくづく思いますので。

ということで、じいちゃんの密やかな楽しみ。成就しますかどうか。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/857-f8a31880