FC2ブログ
今年の1月末にご相談を受けた話が、ようやく最終段階を迎えつつあります。
今日の表題について初めてご覧になった方は、大変お手数ですが、
まずはこちらをご覧いただければいきさつが分かるかと。

さて、当初の予定では、「この夏までにケリをつけられたら。」と、
弟さんご夫婦と話していたのですが、
いざ事を進めるとなるといろいろ出てきます。
詳しくは書けませんが、ともかくいろんな人が買い付けにやってきて、
活かせそうな材についてはあらかた引き取られていきました。
そして当初こんな状態だった材置き場が、
前1

こんな感じになりました。
大橋材残り1

また、いろんな材がぎっしり詰まっていたテントも、
前2

ここまで片付きました。
手前のテープが張ってあるのは、予約済みです。
大橋材残り2

そして今残っているのは、こんな材がほとんどです。
大橋材残り3

ざっと見て、当初の状態から1/5以下にはなったと思います。
それでも4tトラック2台分くらいはあるだろうか?

これらの材は、最後の手段・薪材としての道が残されています。
また、人によればまだ「お宝」的なものもあるかと思います。
昨日、弟さんの奥さんとお話したところ、
最後はかなりディスカウント可能とのこと。

ということで、この場で改めて募集をかけます。
材に関心がある方は、このブログの管理人あてにご連絡ください。
これまでに既に連絡いただき、弟さんご夫婦とコンタクトをとったことがある方は、
直接連絡していただいても結構ですが、
節度ある態度でお願いします。(いろいろありましたので・・・)
また、運搬は全て自前ですることを前提にご検討ください。

義博氏の遺した材が最後まで何らかの形で活かされることを願って、
ご連絡をお待ちしています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/858-88e9e1cc