FC2ブログ
2005.10.22 環境フェスタ
今日は地元の環境フェスタに行ってきました。
お目当ては一つ、「メダカのプレゼント」です。
前からずっとメダカを飼いたかったのです。増やしたかったというか。
というのも、私達はこれから雨水を有効に使う暮らしをしようとしています。
今はまだ一箇所でタンクに貯め、畑の水やりに使っている程度ですが、
いずれは屋根中の水を貯め、畑に巡らせたり、トイレ用などに使いたいと考えています。
そこで貯めた水なんですが、日本だとどうしてもボウフラが湧きます。
そこで活躍するのがメダカ君。ボウフラをどんどん食ってくれます。
そんなわけで、今回のメダカプレゼントはどうしてもゲットしたかったものでした。

さて会場の環境センターに行くと、結構な人手。
オープニングセレモニーも無視してメダカプレゼントコーナーに並ぶ人々に続き、
持参したペットボトルを差し出しますが、そいつに入れてくれるわけではなく、
他のペットボトルに入れられたものと交換するという仕組みになっていました。
奥ではメダカの入った大きなポリバケツからペットボトルに、必死に漏斗で移すスタッフ。
そのスタッフの苦労を省みず、
「私がもらったのはメダカが少なかったんですけど!」と抗議するお母さん達。
たまたま私の順番に巡ってきたペットボトルを見て、
「あっ、あの人のは多い!」と叫ぶ声を聞き、そそくさとその場を去りました。
あとで数えると12匹、確かによそより多い。しめしめ。

さて早々に目的を達したので、あとは余裕で見物です。
メダカの隣では「大気環境木の苗」プレゼントコーナーがありました。
カミさんは「マユミ」、私は「ムクゲ」の苗木をゲット。
でも何故これらが大気環境木なのかは聞くのを忘れました。
その後も堆肥や液肥をくれたり、四葉のクローバーの球根セットをくれたり、
何だかあれこれいただき、大荷物になってしまいました。
思いもよらぬタダものゲットで大満足の私達。

ある時刻になると「只今よりテレビでおなじみの環境タレント
『鉄崎幹人』さんの環境トークが始まります。」とアナウンスがあったけど、
テレビを見ない私達は「環境タレントって何?」と、そちらには行かず帰りました。

それにしても環境がらみのイベントでこんなに人が来るとは思いませんでした。
しかも子供が多い。何でだろう?他に娯楽がないのか?
帰り道にいろいろ考えましたが、結論は「東海の人々は祭りが好きなのだ。」ということ。
何かの統計をみたことがあるけど、東海はやたら祭りごとが多いらしい。
「愛知万博が成功したのは、東海でやったからですよ。」と言う人もいました。
確かに期間中何度も行った地元人が結構紹介されてましたもんね。
中には毎日行った人もいたとか。すごい!まるで通勤だね。
ともかく、環境をネタにしたイベントでこれだけ人が集まるようになったのは
理屈無しで良い事だと思います。
入り口はお遊びでも、次第にこういうテーマに慣れ親しんでいけばいいんですからね。

帰宅後、さて何にメダカを入れようかと思案しましたが、
昨日の味噌蔵片付けの時に出土した、土器のような漬物桶に入れることにしました。
メダカと一緒にもらったホテイアオイも入れ、池の水を加えると、
メダカ達も落ち着いた様子。
来年は家族を増やすんだよ。そしてしっかりボウフラを食っとくれ。
と呪文を唱える私でした。

これじゃ分からんかな?
CIMG0413-2.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/86-748661a7