FC2ブログ
最近は「食」に関するニュースが多いですよね。
かつての「雪印乳業」に始まり、「白い恋人」、「赤福」、
そして最近では「吉兆」の話題など、後を絶ちません。
いずれも、食に関する信頼をおとしめた事件ですが、
「食」というのはそういう目立った話題だけでなく、
私たちの暮らしの一部としてマジに深刻なテーマです。

そこで、「食の安全についてもう少し深く関わっていこう!」と、
まだ始まったばかりの「ISO22000シリーズ」(食品安全マネジメントシステム)の
審査員資格を目指すことにしました。
ところがこの資格、始まったばかりなりの微妙な問題があります。

すごく簡単に言うと、ISO22000シリーズとは、
HACCPをISO9000シリーズ(品質マネジメントシステム)のプログラムに組み込んだ様なもの」です。
ところがこのISO9000シリーズなるもの、
元々は電気メーカーなどの製造業向けに作られたので、
そういったメーカー上がりの審査員が多いのです。

つまり、食品業界上がりの審査員が少ないというわけです。
でも、食に関して世の中がとても関心を持っているので、
ISO22000シリーズの「新規の」審査員資格取得コースは、満員御礼だそうです。

一方、既に9000(品質)や14000(環境)の審査員資格を持った人に対して、
短期間で資格が取得できるコースがあります。
これは上に挙げた理由により、
「ISOの審査員ならば、基本的な指導は必要ないでしょう。」と、
講習期間が短縮されたコースです。
当然ながら、食品業界の実務経験が必須です。

私はと言えば、これまでに様々な人生の回り道をしてきたお陰で、
9000(品質)・14000(環境)の審査員資格と、調理師の資格を持っていて、
短期のコースを受けるだけの条件は揃っています。
ところが、「お前みたいな変わった人間はそうはおらんわ!」と、
友人のF審査員が言うように、そうはいないらしい。

ということで、この短期コース、応募人数がとても少ないのです。
私が申し込んだ2月のコースも、「最低実施人数4名」に対して、
今のところ私一人しか申し込んでいないらしい。
つまり実施できない可能性が高いということです。

だから、結局のところ、新規で受講する人たちに混じって学ばねばならないかも。
すると受講料が10万円アップするんだよなぁ。
う~ん、微妙・・・
誰か一緒に受講しません?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/860-2b0e1817