FC2ブログ
いやぁ今年は、というか今年もいろいろあった年でした。
まだひと月残していますが、もう既に充実感で一杯です。
とても一年を通して振り返られないので、
早目に上半期を見返してみます。

【その1:店!】
何と言っても、『なちゅらるスペース・もりのいえ』の開店が一番でしたね。
年が明けた頃にはまだそんなイメージはありませんでした。
当初は「飲食店の脇スペースに置く物販スペース」くらいの扱いだったのが、
「物販を先に始めたい!その場所は道に面した物置部屋がいい!」
と思いついたカミさんのお陰で昇格したのでした。

店を作る過程がまず楽しかったし、
店を開いたことで、いろんな進展が生まれました。
まず、「あの人たちは、ああいう人たちなのね。」
という認識を持ってもらえるようになりました。
その上でお付き合いができるようになったことが一番です。

そして、同じ志向の輪が広がりました。
物販だけでなく、活動が広がったのが大きいです。
私たち自身が、自然や環境、育児などについて、
より真剣に考えるきっかけになりました。

他にも、我が家の食材に困らなくなったとか、
土産物を買いにいかなくても良くなったとか、
いろいろメリットが生まれました。


【その2:笛!】
昨年の秋祭りでは絶好調で終えた横笛。
その後、調子に乗って獅子舞の笛に挑戦したのはいいですが、レベルが違いました。
それでも頑張って練習を続け、「そこそこいけるようになったかな?」
とまでなったつもりでしたが、イザ本番で撃沈!
「本番に弱い姿」をさらけ出してしまいました。

でも、これで笛が嫌になった訳ではありません。
「最初はヘタッピでいいのさ。」とうそぶくくらいにまでには気持ちは回復しました。
そしてこの年末からはまた練習会が再会されるとのこと。
本当に安定した吹きができるまで、精進しまっせ!


【その3:頼まれ事が増えた!】
「材木の処分をどうしたらいいか?」
「私のプロデュースをしてください!」
「海外交流について一緒に考えて!」
「福祉の事業をやらないか?」・・・

まぁいろんな依頼事が増えました。
「こいつに話せば何とかなるんじゃないか」オーラを出しているんですかね?
でも私は「打出の小槌」を持っているわけではないので、
何でもかんでも即応できはしません。

それでも「ここをこうつつけば、事が動き出すんじゃないか?」
というコツは何となく見えます。
そんなところで、うまく私を使っていただければいいのかなんて考えています。


【その4:仕事が忙しかった!】
私が夢見る冬の暮らしは、
「ほとんど仕事をせず、ストーブの傍で、
『春になったらどんな種を植えようかね?』なんて、カミさんやU太と和む日々」です。
でもそんな冬はまるでやってきませんでした。
どうしてなんでしょうかね?最近は冬の方こそ仕事が忙しいです。

忙しいとは「心が亡ぶ」と書きます。
正直なところ、上半期は少し心が亡んだかも。
それほどに仕事が立て込み、その合間でいろんなことをこなして、
何となくいつも追われているような焦った気分になったことが多かったように思います。

これは現実に忙しかったこともありますが、
そういう事態を見つめる私の気持ちの持ち方にも問題があります。
要注意です。


【その5:その他もろもろ、いろいろありました。】
「その他」と書くには申し訳ない出来事がたくさんありました。
「U太が歩いた!」「U太、ついに断乳!」「良き哉号がやってきた!」
「山菜採れたけれど、もう少し山に入りたかったな・・・」
「薪の手配は綱渡り」「鶏小屋にネット張り!」「稲作は神秘だ!」
「片足烏骨鶏、ウッピー頑張れ!」「インフルエンザにタミフルに、振り回されました!」
「キノコ植菌、着々です!」「自ビール組合結成!その後どうなった?」
「わらべ村イベント初参加!」・・・

本当にいろいろあったなぁ。一つひとつにドラマがあります。
で、これらを総括して、まとめます。
上半期は「店・笛・頼・忙・諸」でありました。
そして下半期は?
これはさすがに年末にまとめます。まだ何か起きるかもしれないしね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
←応援クリック、ありがとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/869-7a76d088