FC2ブログ
昨夜、カミさんの実家に泊まりました。
最近のパターンとして、正月三が日は加子母で過ごし、
時期をずらしてカミさんの実家に泊まることが多いです。
そしてその時期に合わせて実家に一族が集まってくれるのです。
ありがたいことです。

今回は私が腰痛持ちになってしまったので、
冷や冷やもので運転して、かろうじて実家に到着。
しばし昼寝をさせていただき、その後も一番奥の席でじっと動かず、
お殿様をさせていただきました。どうもすいません。

食事は相変わらずおばあちゃん(お義母さん)の美味しい手料理です。
私はこれがもう楽しみで!ビールも進みます。
宴たけなわの頃、カミさんの妹の婿がポツリと言いました。
「実は今日、ドンペリを持って来ているんですよ。」

普通この状態でそういう台詞を聞いても、「あっ、そう。」と軽く流す様なボケですよね。
でも彼はボケてはいなかったのです。
何と!本物のドンペリが登場!
ドンペリ

嘘でしょ?何で正月のこういう場で出てくる訳?
「いやぁ、僕等の結婚記念にいただいたんですけれど、
その後飲む機会が無くって、ずるずるここまできたので、
この機会に飲んでしまおうかと思いまして・・・」
ということです。

ありがたいお言葉です。
でもこれって、クラブなんぞで景気づけに開けるようなものでしょ?
ま、いっか。いただいたものは開けましょうと、早速いただきました。
シャンパングラスが無いので、ビアグラスで。
肴はおばあさん絶品の「ぶり大根」で。
何とも貴重な時が突然訪れました。

で、みんなの感想。
「ふ~ん、これがどうしたの?」
私も同感。確かに美味しいけれど、
一本数万、いや十数万円と言われる程の価値は分かりません。

かつてバブル華やかし頃、
銀座のスナックで開けられたのをおこぼれで戴いた事がありましたが、
今回はその時ほどの感動はありませんでした。

思うに、こういうお酒はブランドを飲んでいるのでしょうね。
つまり、飲む前から「こいつは高くて美味いものなのだ。」と
自分に言い聞かせてから飲むものなのでしょう。

その脇では、U太が救急車にすっかりはまっておりました。
彼にとれば、こちらの方がよっぽど人生をワクワクさせるものなのでしょう。
要は、何に価値を見出すかということなのかなと、
考えさせられたひと時でありました。
消防車


↓一日1クリック!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/908-a724c794