FC2ブログ
2005.10.27 たそがれ大阪
あまりにもあっけなく、日本シリーズが終わってしまいました。
第4戦の朝、私は仕事仲間と阪神電鉄本社ビルの近くにおりました。
「何かこのまま負けそうな気がするな。」
「今日も10-0で負けるんとちゃう?」
「そうなったら暴動が起きるぞ。」
「今夜の試合終了頃に、このビルの近くにおったら危ないな。」
と不謹慎な会話をしておりました。
職場では、机の上に「阪神タイガースの日本一御堂筋パレードを成功させよう!」
のチラシが。
何となく涼しげな風が吹いているように感じたのは気のせいか。

さて今朝ですが、やっぱり大阪中が淡々としておりました。
取引先に行くと、「あんだけ一方的に負けたら悔しい気も起きませんな。
『惜しかったな』なんて思うような場面がまるでなかったやないですか。」
と淡々とされてます。
阪神百貨店は結構繁盛してましたね。
残念セールにおばさん方が目の色を変えてました。
面白かったのが、阪神電鉄本社ビルの脇にあるジャスコです。
同じく残念セールをしているのですが、
かかっているのぼりを見て吹き出しました。
「阪神タイガース、感動のフィナーレをありがとう!」
どこに感動のフィナーレがあったんだろう。
もちろん既に印刷してあったからなのでしょうが、
あまりのミスマッチに驚きました。

さて、夕方には岐阜の自宅に戻り、今夜は地域の常会です。
一通り議題が終了して雑談になった時、やはりこの話題になりました。
みんな言うことは同じで、「あれだけ主軸が押さえられたら仕方ないな。」とか、
「これほどまでに名前も顔も知らない選手にやられるとはな。」とか。
最後に締めで、
「それにしても我が中日は、あの阪神に負けたのか。」
そうでしょうね。
セリーグの他のチームの選手やファンも忸怩たる思いでしょうね。
たそがれ大阪のムードが、岐阜の山村にまで漂っておりました。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/91-844eefc4