FC2ブログ
実はこの3週間ほど、私を悩ませているヤツがいます。
それは鼻水です。
年末に鼻風邪をひいたらしく、それ以来ずっと鼻水が出ているのです。

どちらかというと、鼻風邪はカミさんが得意でした。
出会った時からよく鼻をかんでいて、それも思いっきり力むものだから、
「そんなにきばって、よくぞ鼻血が出ないものだな。」と呆れておりましたが、
今やそれは私の専売特許のようなものです。

それにしてもよく出ます。
脳みそが溶けて出てきているのではないかというくらいです。
そして鼻水ってヤツは不思議です。
いったい何処からやってくるのだろう?
何故かんだ直後にまた出てくるのだろう?

耳鼻科の先生から「鼻水の八割は食道に降りる。」と聞いたことがあります。
うげっ!
内臓に負担がかからないのだろうか?
自分の体で出しているものだから受け入れるのだろうか?

ところで皆さんに訊ねてみたいことがあります。
「あなたは鼻をかむと、目から鼻水が出ませんか?」
カミさんは「何をおっしゃるうさぎさん?」という顔をしますが、
私はそうなのです。

いつの頃からか、鼻水が目から出るようになりました。
両目の内側に小さい穴が開いていて、鼻をかむとそこからぶわっと溢れ出るのです。
本当にぶわっとです。
調子がいい時(?)は、目の前が真っ白になります。
「涙で前が見えない」と書くと感傷的なシーンですが、
「鼻水で前が見えない」なんて、なんと絵にならないシーンでしょう!
鼻道

実は私は、鼻のかみ方が下手なのかもしれない。
思うに、鼻をかむという動作は高等技術ですよね。
鼻の上から指をあて、鼻の道を狭くして圧をかけて、詰まっているヤツを出すのですから。
常にだらだら出ている時はそれほどテクも要りませんが、
寝起きの時なんぞ鼻の上の方に固まっていて、
指でちょっとほぐしてからかまないと、本当に鼻血になります。

で、思うに私は鼻をかむ時に、鼻の道をふさいでしまっているのではないか?
だから逃げ場を失った鼻水たちは下に降りずに上を目指し、
天井にかすかに見えた小さなホールから我先にと出てくるのか?
なんと切ないことでしょう。

こんな絵をつらつらと想像しながら、いまだに鼻をかんでいる私です。
もうかなり減ってきたので、そろそろ打ち止めにしてもらいたいものです。
まだ鼻水ネタは書けないこともないですが、この小話も打ち止めにいたしましょう。

↓一日1クリック!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/919-4a88abff