FC2ブログ
私の未病状態を公表して以来、様々なアドバイスをいただいていますが、
そのうちの一つ、
『フィットフォーライフ』を読んではどうかとのお勧めがありました。
アドバイスありがとうございます。
フィットフォーライフ

さてこの本を早速に手に入れたものの、
ざっと眺めた後はしばらく置いておりました。
当時は薬草に関心が向いていたこともありますが、
この本で勧めているやり方が「どうも冬から始めるにはきついな。」
と感じたからです。

それがここ最近になってようやく春めいてきて、その気が向いてきたので、
改めて手を出したという次第。
先日一読しましたが、
正直に言いまして、戸惑っているというのが本音です。

というのも、この本が語っている内容を素直に実行しようとすると、
これまでのやり方を否定しなければならない点が多いからです。
以下、内容をかいつまんで取り上げます。

まず、「人間の食べ物を処理する能力は、
毎日の三つのサイクルが効率よく機能しているかにかかっている。」と説きます。
三つのサイクルとは、
12:00~20:00 補給:摂取と消化
20:00~04:00 同化:吸収と利用
04:00~12:00 排泄:体内の老廃物と食物カスの排出

この理屈は何となく分かります。
でも本音レベルでは、「補給も同化も排泄も同時にできないものなのかね?」
という疑問もありますが。

そして原則1:「水分を多く含む食べ物を食べること」
「人体も地球も、70%は水である。」ふむふむ、何となく納得。
でも、いきなり「体が求めているのは、果物と野菜の水分」と断言されますと、
「確かにそうかもしれないけれど、それだけ?」という疑問も湧いてきます。

続いて原則2:「食べ物は正しく組み合わせて食べること」
ここでいう「組み合わせ」は「食い合わせ」よりも広い範囲を指すようです。
つまり、「人間の体は二つ以上の凝縮食品
(パン、米、肉、魚、乳製品など、果物・野菜以外の食品)を、
胃の中で同時に消化するようには作られていない。」という説です。

文面をよく読むと意味が分からないでもないですが、
そうすると、例えば寿司は駄目ということになります。
勿論、ピザや牛丼も駄目です。
「そんなぁ」という心の叫びが聞こえてきます。

そして原則3:「果物を正しく食べること」
「どんな食べ物も果物の生命力にはかなわない。」
「果物は消化にエネルギーを使わない。」というのは初耳でしたが、
それが本当ならば、これは朗報です。

驚かされたのが、「食後のフルーツは腐敗の元凶」という内容。
たとえ消化にエネルギーを使わない果物であっても、
胃の中に既に蛋白質ものがあると足止めをくってしまい、
結局腐敗が始まるということです。
これは新鮮な情報でした。

そこで、この本で勧める食のスタイルはこんな感じです。
「起床後、正午までは何も食べないか、
果物か果物ジュースのみを好きなだけいただく。
昼食は蒸した野菜、生のナッツ類と種子類を。
夕食には穀類や肉類、魚介類、乳製品を食べても良いが、生野菜を一緒に。
そして二つ以上の凝縮食品を組み合わせないように。」

さてこれを実行するとなると、
これまでの食事スタイルを大幅に変えなければなりません。
特に「朝は飯粒を食わねば力が出ない。」と信じている身にはきついです。
でもこの本は、「あなたが抱いている朝食信仰という思い込みにとって、
強烈なショックを与えたことは想像に難くないが、」と、
切って捨ててくれています。

そこでどうするか。
まずは試してみることにしました。
果物をいろいろ買ってきました。
みかん、オレンジ、バナナ(2種)、リンゴ(赤・白)、キウイ、イチゴ
これは他からいただいたイメージですが、まさにこんな感じ。
フルーツ

夜、夕食前にみかんを一つ。その後は普通の食事をして就寝。
布団に入ると、何やらお腹がコロコロ鳴っています。
翌朝、起床後にすぐにトイレへ。何と綺麗なうんこが出ました。
そして朝食は果物と野菜サラダのみ。

その後、仕事に出ましたが、9時過ぎにもう一度もよおして、
これまた見事なうんこを一人前。
私はうんこの出具合で健康法の善し悪しを測るタイプなので、
一気に「お気に入りモード」に入りました。

でもその後はお腹がグーグー。
みかんを2個持って出ていたのですが、すぐに消費して、もうたまらん!

昼食はうどん屋でした。
いつもは天ぷらうどんを注文するところですが、
ぐっとこらえて「山かけうどん」に。
これならば凝縮食品の組み合わせになりません。
そしておやつ時には果物をしっかりいただきました。

このような一日を過ごした感想を述べますと、
「確かに体に良さそうだけれど、ずっと続けるのはきついなぁ。」
というのが率直な意見です。
特に外で働く身には無理があります。

それに、『地産地消』をモットーとする私たちにとって、
季節外れの果物、それも海外ものを買うのは抵抗があります。
また、お金を使うのを前提にしたくないので、
できれば自分たちで育てた果物をいただきたいところです。

実は加子母に越して以来、いろんな果物の苗を植えています。
ブドウ、ネクタリン、リンゴ、カキ、プルーン、
ワイルドストロベリー、ブラックベリー、ラズベリー、
ブルーベリー、イチジク、などなど。
でもそれらがたわわに実をつけるのは、先の話です。

そこで、今のところは「できる範囲で小さく取り入れる」
ということになりそうです。
例えば朝起きて、まず一つ季節の果物をいただくとして、
朝食はご飯を少なめにし、お腹が空いたら果物をいただく。
その後は今まで通りの、カミさんのナチュラルフードかな。
そんな感じでそろりと始めてみます。
↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/970-abb290f7