FC2ブログ
さて、今日はいよいよ中津川で映画『六ヶ所村ラプソディー』が上映されます。
それに合わせて、是非読んでいただきたい文章があります。
これは田中優さんのメールマガジン(転載フリー)から転載させていただきました。

今回映画をご覧にならない方も、ご一読してくださることをお願いします。
そして一人一人で考えてみてもらえたらなぁと願います。

・・・・・・・・・・
□◆ 田中 優 より ◇■□■□◆◇◆◇■□■□
 東奥日報(2009年4月16日)によれば、「4/19の青森市長選の行方を、電力業界がかたずをのんで見守ってい」たそうだ。鹿内博候補は、反核燃団体の共同代表を務めた経歴の持ち主だからだ。

それに対し、原燃推進の「佐々木誠造候補の選挙事務所での出陣式には、日本原燃の兒島伊佐美社長をはじめ、県内で原子力事業を展開する東北電力や東京電力、電源開発などの役員・幹部がずらりと顔をそろえ」、「知事選に匹敵するほどの力の入れよう」だったそうだ。

 津島雄二衆院議員は、「原子力反対を掲げてきた人が万が一、県都の市長になったら本県は計り知れない大打撃を受ける」と述べ、「県都に反原子力の市長が誕生したら、本県は大変なことになる」と発言した。

 しかし選挙の結果は「青森市長に鹿内氏が初当選」となった。これで青森は「大変なことにな」り、原燃推進は「計り知れない大打撃を受ける」そうだ。これはありがたい。
 なぜなら再処理工場はとんでもなく有害な放射性物質を出し続けるからだ。

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまで海へ流された放射能の量
(2006年4月~2009年2月までの公表数値)
放出回数    205回
放射能の総量  トリチウム 2177兆ベクレル
        ヨウ素129 5兆4300億ベクレル
        ヨウ素131  5600億ベクレル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 中でも上の「ヨウ素」が問題だ。ヨウ素は貴重な元素であるため、生物は必ず集めようとする。プランクトンが、小魚がと濃縮されていって、人間の口に入るときには相当濃縮してしまっている。しかも人間にとっても大切な元素だから甲状腺に濃縮される。これがチェルノブイリで多発している甲状腺がんの原因と見られている。

 ただしヨウ素131は寿命が短い。8日で半分が放射線を発して安定化し、放射性物質でなくなる。だから80日経てば千分の一以下になるのでほとんど検出できなくなる。でも上の数字をもう一度見てほしい。ヨウ素131よりヨウ素129のほうが全然多い。このヨウ素129の寿命は1700万年なのだ。半分に減るまでに1700万年かかるのだ。千分の一になるまでの時間は1億7千万年だ。

こんな放射能(よく推進派が「放射性物質はあっても放射能なんて言葉はありません」なんてつまらない批判をしてくるから言うけど、放射能は放射線を出す能力のことだ。転じて放射線を出す物質を放射能と呼んでいる)を放出していいものだろうか。

 つまりヨウ素129を5.43兆ベクレルも出して、いいものなのかということだ。これは人の年間摂取限度量9.1ミリベクレルで割ってみると、597兆人分の年間限度摂取量にになる。莫大すぎてよくわからないだろう。世界人口65億人で割ったとして、年間摂取量の約10万倍なのだ。

 なぜこんな猛毒を振り撒いていいものなのかわからない。しかも人類の歴史よりはるかに長く残るものを。「自分の世代だけよければ、あとはどうなってもいい」と考えているとしか思えない。そんな考えでいる人たちに未来を任せられない。そう考える人が少数派であることのほうが不思議だ。

 「6と9はブロック」という言葉があるのをご存知だろうか。メディアは「六ヶ所村問題」と「憲法9条」の話だけは放送・放映しないようブロックしているのだそうだ。そんなばかげた状態を放置できない。だって一方の情報しか伝えない中で、いったい誰が何を判断できるというのだろう。

 でも、こんな日本でも少しだけ変わりつつある。市長選などで、現職が半分しか残れなくなってきているのだ。社会を変えたい。少なくとも子どもたちに胸が張れる程度には。

 かつて、木曽のヒノキを植えた人たちは誰も自分が利益を得たりしていない。なぜならヒノキは育つのに100年かかるからだ。それでも人々は土まで背負ってヒノキを山に植えた。人々は祖先の植えてくれたヒノキのおかげで生活できた。だから彼らは祖先をとても大切にし、年長者を敬ったのだ。

 さて今生きている私たち、子孫から敬われることをしているだろうか。敬ってもらえる生き方をしていないくせに、「年長者を敬え」なんて、都合が良すぎると思わないだろうか。

・・・・・・・・・・
今回は皆さんへのご理解とご協力のお願いです。

先日来ご案内している「映画上映会&ワークショップ」ですが、
ワークショップに関しては当初、実際に作業していただく和田さんと倉田さんとで
ちんまりと行うつもりでいました。
ところが意外に反響があり、参加希望者が増えてきました。

ワークショップそのものについては、
きっと皆さんそれぞれに何か作業をしてくれるでしょうし、
そのことに関して参加費をいただくつもりはありません。
ところが食事と宿泊に関しては、大した準備はできないものの、
それなりに負担がかかってきそうな気配です。

そこで、後づけの、しかも直前になってしまって誠に申し訳ないのですが、
次のような形でご協力いただけないであろうかというお願いです。
以下の値段設定は、2月の「公開勉強会&メーリングリストのオフ会」の際に、
皆さんにお願いしたものとほぼ同じです。

[費用]
宿泊:もりのいえにて、布団類持参の場合:素泊まり一泊1500円
    もりのいえの布団使用(4組まで可能)の場合:素泊まり一泊3000円
夕食:1000円
朝食、昼食:各700円
*一品持参の方は、一品につき、お一人の食事代一食分を無料に
*小学生以下は全て無料


今回は後づけでの表明ですので、
「そんな話は聞いてなかった!」とご指摘を受けるのは当然です。
それにイベントの準備もあるので、きとんとした食事を提供できるかどうかも???
ですから、現段階では「基本的にこの線でいきたい。」
という「お願い」ということで、ご了解いただければありがたいです。

むしろこの場を借りて皆さんのご意見をいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。
いよいよ映画『六ヶ所村ラプソディー』の上映会が近づいてきました。
かみさんも含めたスタッフの準備も着々(?)と進んでいるようです。
よくぞここまで皆さん頑張ってこられました。ご苦労様です。

昨日、村で声を掛けられました。
「原発の映画の案内、ありがとう。
でも私は他のルートから紹介されたので、そちらでチケットを買ったよ。
当日は行くからよろしくね。」とのこと。
どうも加子母の中でいろんな販売ルートが行き交っているようです。

普段からお世話になっているN社長は、
「まずは主催者に会ってくる!」と出かけて行き、
中心になって引っ張っている人に会い、得意の質問攻めで人柄を知り、
「特別に党派や宗教に左右されていないと判断したので協力する!」
と、50枚のチケットを引き取ってくれました。

そしてそれを5枚一組にして、関心を持ちそうな人に
「はい、あんた5枚分の担当!」と言っては配り、お願いをしてくれたとか。
多少(相当?)強引ではありますが、心強い限りです。
そういうこともあって、販売ルートが広がっているのかな?
加子母だけでもそれなりに行ってくれそうな気配です。

さてそこで映画について私の意見をここで述べておきます。
というのも、初めてこの映画を観た時は、自分の感想を保留していたのですが、
あれから二年も経ちましたし、そろそろ考えをまとめておこうと思ったからです。

まず結論から書きますと、私はこれからは「原発反対」の立場で臨みます。
もちろん再処理工場も含めてのことです。
正直言って二年前以降、十分な情報や知識を得た訳ではないのですが、
とても純粋な気持ちから、「原発って自然ではない!」と感じるので、
そういう視点で考えることにしました。
ですから、前回は中立的な立場で観ましたが、
今回は上の立場で改めて観てみるつもりです。

もう少し具体的に書きますと、原発そのものが自然ではないということもありますが、
「原発や再処理工場建設の物事の進め方が自然じゃない」と感じるのです。
・最初は賛成/反対が拮抗している中で、
・「とりあえず」作ってみて、
・補助金が出回り、雇用が確保される中で、
・「原発」という職場(ビジネスチャンス)が人々の暮らしの中に根付いていき、
・「暮らしの中でなくてはならなくなっているから」という理由で、
・結果的に反対派がなし崩しになっていく様(さま)が、作為的です。

これって原発に限った訳ではなくて、例えば沖縄の基地の問題であったりとか、
もっと身近な例では牛乳や白砂糖を食べる習慣づけであったりとか、
言うなれば「外堀を埋めてかかるアプローチ」って、世の中でよ~く見られます。
その傾向に「やっぱり変じゃない?」と感じる気持ちを正直に伝えていきたいと思います。

とは言うものの、現実に私の暮らしは原発による発電で一部支えられています。
そのような政策のもと、作られた電気が送られてきているのだから当然です。
でも正直なところ、「ではそんな電気はいらんわい!」と啖呵を切るほどの勇気もない。
このブログを書いているパソコンの電気も、一部は「原発産」でしょう。
そう思うと、ただ残るのは「やるせなさ」です。

だから、せめてできる範囲で「抑制する」行動を取ろうとしてきました。
それは例えば、家の灯りをほとんど省エネタイプの電球に変えたこと。
他には、電気だけが対象ではないですが、挙げると次のようなことです。

・家の暖房は、薪ストーブ一つにしたこと。
・風呂も薪で焚いていること。
・調理では、かまどやロケットストーブ式のかまどを整えたこと。
・軽油をできるだけ使わず、天ぷら油で車を走られるようにしたこと。
・雨水を貯めて、トイレや畑などに使っていること。

これらは全て「足るを知る」暮らしにつながっています。

そして今回、上映会の翌日に、独立式の太陽光発電システムを作ることにしました。
ささやかですが、少しずつ、
できることから変えていこうとしてきた流れの延長線にある行動です。
その流れのきっかけとなったのが、『六ヶ所村ラプソディー』でした。
そんな映画を是非この機会に、皆さんにも観てもらいたいと願います。

当日、私は主にショップの前でたたずみ、撮影などもしていると思います。
気軽に声を掛けていただければ嬉しいです。
そして私の想いに関係なく、あなたなりの主観で観ていただければと願います。

そしてそして、もし可能ならば、
既にこの映画を観たことがあって、身体が空いている方がいらっしゃったら、
託児の手伝いをしてくれるとスタッフがどんなに助かるでしょうか。
というのも、予想以上に託児の申し込みが多く、大わらわなのだそうです。
お子さんを持つ親が参加を求めるのは自然な事だと思います。
そういう流れを支えていけるといいですね。

以上、お願いばかりですが、皆さんのご参画をお待ちしています。
(画面をクリックしてください。)
CCI00000.jpg
(実行委員会アドレスが変わっています。)
新アドレス:movie6nakatsu@yahoo.co.jp

CCI00002.jpg

追記です。
米、核再処理を断念m
先日の『六ヶ所村ラプソディー』上映会のお知らせブログ
最近のコメントまでずっと読んでくれている方はお分かりかと思いますが、
ワークショップを開くことになりました。
まず、その内容をお知らせします。

テーマ:電力会社に頼らない暮らしを考えよう!
日程:4月26日(日)午後~27日(月)適当な時刻まで
スケジュールと場所:
26日12:00頃  中津川市福岡ふれあい文化センターに集合
          (もりのいえは出店しています。)
   13:00~15:00 『六ヶ所村ラプソディー』を観る
   15:15~16:15 鎌仲監督の講演会を聴く
   隙をみて、  鎌仲監督をつかまえて話し込む
   夕方、温泉へ
   夜、もりのいえにて夕食&宿泊
27日 適当に起きて、独立系太陽光発電システムを組み立てる
    完成を祝う

映画のちらしはこちらをどうぞ。
前売り券は「もりのいえ」にて販売しています。予約もOKです。
(画面をクリックしてね。拡大すると結構大きく読めると思います。)

CCI00000.jpg

CCI00002.jpg

広島の旅の時、石岡さんから太陽光発電を勧められました。
ずっと以前から独立系を考えていた私は、
「このチャンスを逃したら、きっと実現は随分先になるだろう。」
と自分自身の性格を客観的に見つめて、
「エイ」「ヤー」でパネル2枚と、
1パネル

「ソーラー・コントローラー」を購入しました。
2ソーラー・コントローラー

旅の帰り道、私の知識の無さを案じた宮城の倉田さんが、
「必要なものを一緒に買いましょう!」とホームセンターに誘ってくれ、
「バッテリーは最初は車用の小さいものでいいでしょう。」
3バッテリー

「パワー・インバーター」は、私のものと一緒にしておきましょう。
その方が困った時にアドバイスしやすいです。」
4パワー・インバーター

「電線は15~16mもあればいいかな?」
5電線

と、全て選んでくれました。ありがたや。

そして、「後は自分でつなぐだけですからね。」と去って行かれたのであります。
ありがたや。

Butしかし、帰宅後は他の作業にかかりっきりで、
梱包を開くことさえできませんでした。
唯一やったこと。「プラスマイナスを間違えないように!」
という石岡さんのアドバイスがあったので、テスターを買いました。
でも実は使い方が分からない。
6テスター

そんな私の態度に業を煮やしたのか、哀れみを感じたのか、
和田さんが手を差し伸べてくれました。
「映画にも関心があるので、加子母に行きましょうか?
その際に太陽光発電のセッティングもしましょう。」

そんなコメントのやり取りを見て、
「見てられない」と感じたのか、
「一緒に買い物をした以上、責任がある」と感じたのか、
何と!宮城の倉田さんが再び加子母に来て下さることになりました。

ということで、急遽ワークショップを開くことになった次第です。
「小さなサイズの太陽光発電というのを見てみたい。」
という方にはうってつけです。

日程的に日月となったのは、私が地域行事で何かと役があり、
土曜の夜と日曜の朝に出掛けなければならないからです。
「masanがいなくても大丈夫。勝手に過ごすから。」
という人は、どうぞお好きな時間帯にお越しください。
ただし事前に連絡くださいね。そして一品持参の協力お願いします。

ということで、いきなり始まった企画。
さてどうなりますやら。
いつもながら、あれこれと起こる我が家であります。
先日紹介したダンボールコンポストですが、置き場所が悪かったのか、
あるいは天候によるものか、まだ動きはありません。

「やっぱりコンポストは落ち葉と米ぬかでなきゃ!」
と主張するかみさん。私も同感です。
ピートモスというのは輸入ものになってしまうからね。
やはりこの地で手に入れたもので済ませたいものです。

そこで私たちのやり方でダンボールコンポストを作ってみました。
まずはどこからか出てきたネットを逆さにして置きます。
1逆さまネット

そしてダンボールを二重にして置きます。
うまい具合に隙間なく二重になるダンボールが見つかるなんて、
最近の私たちのタイミング良さを象徴するかのようです。
2ダンボール重ね

落ち葉と米ぬかを混ぜ、残飯とからめます。
3残飯と米ぬか落ち葉

蓋をして、虫が入らぬように麻袋を被せて押さえます。
今回は南向きの縁側に置きました。
陽がよく当たるので発酵が進むかな?
4麻袋

数日後、覗いてみると、見事に発酵中です。
5発酵中

手を当てると暖かい!
6温かい


ということで、第二弾は大成功!
原因はよく分かりませんが、置き場所って大事かも。
そこで第一弾の方も陽の当たる場所に移動しました。
ゴミのコンポストが南向きの縁側に並ぶのって愉快です。
これから先、どんな展開になるでしょうか?