FC2ブログ
先週受けた品質と環境のISO講師になるためのテストの件、
さきほど連絡があり、ともにギリギリ合格したとの通知を受けました。
本当にギリギリなんだそうです。やれやれです。

そして「このままでは駄目です!」ということで、
いろいろと「修行」に参加する計画が示されました。
つまり「執行猶予つき」というような次第です。やれやれです。

でもこれは考えようによっては「良い機会を得た」と言えるかもしれません。
そう受け留めることにしましょう。

ともあれ、「オンリーワン」への道が始まりました。
今の身の回りの環境を眺めるに、
自分のレベルを上げていけるだけの時間的余裕が果たしてあるのだろうか?
と感じなくもないですが、歩み始めることにします。
見守ってくださった方、ありがとうございました!
年が明けてから怒濤のような日々が加速を増してきています。
まるで幾つもの大きな渦(流れ)が私たちを取り囲むが如くです。

その一つは2月の公開勉強会&オフ会以降の流れです。
このイベントを発端とした大きな流れについては、
これまでもこのブログで書いてきました。

「ウーフ」という大きな流れもありますね。
これもまたずっと書いてきました。

三つ目は地域の「役」です。
これについても、これからいやほど書いていくことになるでしょう。

四つ目の流れは、「もりのいえのネット通販準備」です。
こちらについては近々発表します。

今日は、これまでは詳しく書いてこなかった、
そして実は一番大変だった、もう一つの流れについて書きます。
それは私の仕事に関してなのです。

昨秋、やっとの思いでISO22000(食品安全マネジメントシステム)の
講習会講師としてスタートできました。
あの頃はKAN太の出産直後で、しかも体調を崩しながら準備し、
相当なプレッシャーの中で、何とかその「立場」を得ることができました。

「あんな苦労をすること、もう早々はないだろう。」と思っていたら、
何とまぁ、早々にすごい話が舞い込んできたのです。
年末のある日のことです。
「masan、品質と環境の講師もやってみないか?」
たまたま他の講師スケジュールが合わなかったという事情らしかったのですが、
突然の申し出に驚きました。

当たり障りのない程度で事情を説明しますと、
今、国内でISO講習会を開催する企業では、ある2社が抜けて大きな存在です。
私はそのうちの1社の食品安全に関する講師です。
私ごときがそういう立場でいるということ自体が驚きです。

でも実はまだ食品安全の世界は楽な方なのです。まだやり手が少ないから。
ところが品質や環境の世界では、
名だたる先生方が星の数ほどいらっしゃいます。
そんな方々を差し置いて私が講師の立場になるというのは、
本当に、本当に「僭越」なのです。

でも、これってやっぱりチャンスなんですよね。
即座にそう感じたので、「やります!」と手を挙げました。
そして、私を講師として紹介してくれる人曰く、
「知っている限り、三つの分野の講師を国内で見たことが無い。」とのこと。
国内で無いということは、ひょっとして世界でもいないかも?

私は決してナンバーワンではありませんが、
ひょっとしてこの世界でオンリーワンになる可能性があるということです。
その想いを心の支えに、「三分野の講師」に向けて準備をすることにしました。

さぁ、それからが大変でした。

まずは夜中に時間を作って、品質・環境それぞれの自習をしました。
そして次に、本部から送られてきたテストを受けました。
これが結構難しいんだ! ヒーヒー言いながら書いて送りました。
そして結果は、環境はパスしたものの、品質は「再提出」。

素直に落としてくれてもよいものを、「再」ですと!
苦労しながらも何とか再提出し、戻ってきた返事は、「再再提出」!
何だと~! も、も、もう一回!?

一体何を書いてよいのやら本当に苦労して提出し、
ようやく本部で先輩講師の授業をオブザーブする権利が得られました。
しかし、ただ聴講するのではありません。
オブザーブ直前にまたもやテストがあり、
それに合格しないと「お帰りください!」なのです。
まるで昔の「ウルトラクイズ」ばりです。

この試練、まずは4月中旬に「環境」の方でスタートしました。
そしてテストの結果は、「惨敗」!
本来ならば即帰らされるところですが、
環境ISOの世界の重鎮で講習会講師でもある常務さんが、
「取りあえず最後まで聴いて帰りますか?」と温情を示してくれました。

二日間のコースが終わった後、改めて常務さんの面接です。
常務「さて、どうしましょう?」
私「・・・」
常務「この二日間、あなたと接して、人間性は問題ないことは分かりました。
私としては是非こういう人に講師になってもらいたい。
でも残念ながらあなたは今のところ講師のレベルではありません。」
私「・・・」
常務「・・・ではこうしましょう。
あなたは一ヶ月後に品質のコースをオブザーブするために
再びここにやって来るでしょう?
その時に再試験もしくは私が改めて面接しましょうか?」
私「はい。よろしくお願いします。精進します!」

ということで首の皮一枚残って帰って来たのですが、
4月中旬から一ヶ月の間って、そんな勉強をする暇がなかったことは、
このブログを読んでらっしゃる方はお分かりかと思います。
(実際のところ、その前の3~4月も大変な状況の中で勉強していたのですが。)

ということで、あっと言う間に一ヶ月が経ち、
今度は「品質」の講習会オブザーブのために上京しました。
こちらの方は前日の夕方に本部に呼ばれ、同じくテストです。
でも何とか品質の方は通りました。やれやれ。

そして翌日の夕方、改めて「環境」のテストに臨みます。
う~ん、やっぱり難しい! 結果は「スレスレ」かなぁ?
目の前で答案用紙を見つめる常務の目が笑っていません。
「一応基本は外してはいないのですが、
講師のレベルとしては未だ不足ですねぇ。」とのこと。

そして、「ではこれから私が質問します。」と常務が口頭で質問をしてきました。
「今から10分間かけて、私に○○○について説明してください。」
エッ? 今ここで? 

まさかそういう攻撃を受けるとは思ってもいなかったので、
頭が真っ白になりました。
いったいどこまで試練は続くのか?

恥ずかしながら、しどろもどろになって説明を終えたところ、
常務「その説明ではまだまだですねぇ。」とのご神託。
こりゃ駄目だわ! もう私は目をつぶりました。

そして結論ですが、「まだ返答はできません。」
たぶん来週開けあたりに結果通知があるだろうとのこと。
いやはや、全て私の至らなさのせいなのですが、
今回の流れ(渦)にはまさに翻弄(ほんろう)されています。

ということで、ともかくも帰宅した私。
再びウーファーに囲まれ、田舎暮らしの日々が始まりました。
さぁどんな結果がやって来るのか?
ここはじっと待つことにしましょう。
いよいよ今年もあと一週間というこの時期に、
とんでもない依頼がやってきました。
話は今年の春に遡ります。

食品安全に関して地元の保健所に教えを請いに行ったら、
最後には逆に「これからもいろいろ教えてください。」
などと言われて帰ったことがありましたが、
別れ際に担当者から声を掛けられました。

「masanは環境の審査員資格も持っているのですね?」
「はい。一応持っていますけれど。」
「岐阜県は今までISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を受けていたのですが、
このほどそれを返上して自己宣言することになりまして、
ついてはその為の外部審査員を募集しているのです。」

「はぁ。それで?(「私には関係のないことでございやす」風の返事)」
「その外部審査員は「県内に住む有資格者」が対象なのですが、
一度県の担当者に申し込んでおいてはいかがですか?」
・・・

ここで少し補足説明します。
ISOというのは、民間の審査機関が「この組織は良くできている。」
と認めれば認証を得ることができます。
そのテーマが「品質」「環境」「食品安全」などに分かれているのですが、
実は認証そのものは公(法律)に定められたものではありません。

そして一度ある審査機関から認証を受けると、
毎年その審査機関から審査を受け、
それに対してお金を払うことになります。
つまり「世界で通用する認証を第三者から認められる」ことに意義はありますが、
そのためには審査機関に毎年お金を払い続けなければならない現実があります。

そこで最近は一度取った認証を返上し、
「うちはうちできちんとやっていますから、特に認証は必要ないです。」
という自己宣言をする組織が出始めているのです。

その代わり、自分でやると宣言した以上、
それでもきちんとできていることを証明する必要があります。
そこで、それぞれのテーマに関する審査員に組織を見てもらって、
「良くできました」と言ってもらえれば、それで良しということにしているのです。
今回の岐阜県の動きはまさにこのパターンです。

さて帰宅した私、こういう話は時が経つと絶対に忘れてしまうだろうからと、
とりあえず県に電話しました。
すると、「確かにその方向で考えているが、まだ正式には決まっていないので、
時期が来たら連絡します。」とのこと。
一応私の電話番号を知らせておきました。

そして時は流れて11月の初旬頃でしたかねぇ。
県の担当者から電話がありました。
「以前お問い合わせのあった外部審査員募集の件ですが、
既に募集をしておりまして、実は明後日締め切るんです。」
まさに自分の予言通り、すっかりと過去のいきさつを忘れていた私は、
最初は何のことを話されているのか判りませんでした。

「あぁ、あれですか・・・」またしても気のない返事の私。
「で、どうされます?」
「どうしましょ?」本当にやる気のない審査員です。
「と、ともかくネット上で募集内容を公開していますので、
ご覧の上、よろしかったら必要書類を送ってください。」
と後押しされ、教えられたサイトを覗くと、結構ハードルが高そうです。

でも、せっかくの機会だからと、とりあえず資料を揃え、
「ご覧のように大した経験もありませんので、
ま、県内にこんな人間もいると理解してもらえればいいです。
むしろ食品安全でこんな話があったら教えてね。」
といったメッセージを添えて送りました。

そして昨日、一通のメールが。
「では、よろしくお願いします。」
ええ~っ!!!
「お願いします。」って、私に?
モニターを見つめて、思わず自分を指差しました。
「冗談でしょ?」

そしてすかさず県の担当者に電話します。
「さきほどメールをいただいたのですけれど・・・」
「はい。よろしくお願いします。」
「はぁ。ところで、全体で何名選ばれたのですか?」
「7名です。」
「つまり、私が7名の中に入ったと?」
「はい。よろしくお願いします。」

「本当に私ごときで良いのですか?」
思わず本音で訊ねてしまいました。
さすがに担当者も返答に困ったらしく、
「・・・は、はい。そういうことになったので、よろしくお願いします。」
「はぁ、では頑張らせていただきます。」

電話を切って、「こりゃ~、大変だ~!」と叫んだ私。
というのも、この仕事、1月下旬から始まるのです。
だからもう一ヶ月を切っているのです。大急ぎで準備しなきゃ!

でもこれって、言うところの「チャンス」ですよね?
だって「県を審査する立場」のお話がやってきたのですよ。
私ごときに。しかもこのご時世に。
こりゃ~、えらいこっちゃ。

ということで、いきなり年末年始に猛勉強モードに突入することになりました。
今年は最後まで何が起きるか分からないという予感がありましたが、
まさかこんな事態になるとはねぇ。
本当に今年は最初から最後まで、公約通りに「勉強の年」になってしまいました。

↓ブログランキングに応援よろしくお願いします!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
ここしばらくの間は仕事の関係で不規則な生活を続けていまして、
ブログを書くタイミングもずれてきています。
今日は気が向けば短い話を何本か書くかもしれません。
まずは仕事のお話から。

「ISO講習会の講師にならないか?」
との話をいただいて以来、怒涛の日々が続いていました。
最初のピークは11月の一日講習会。
それに向けて10月は相当プレッシャーがかかり、勉強と準備も大変でした。
でも自作の30ページマニュアルのおかげで何とかクリア。

そして最近、二日間のコースを担当しました。
今度は前回ほどのプレッシャーは無かったですが、
やはり初めて関わる部分もあり、それなりに準備しました。
用意した自作マニュアルはついに40ページを突破!
これだけでも財産です。

そしてコースを終え、最後にアンケートを回収します。
皆さんが退出された後、ドキドキワクワクしながら覗き込むと・・・、
何と受講生全員が「講師評価」の欄で満点をつけてくれました。

嬉しかったですねぇ。
受講中の皆さんの表情から想像はしていましたが、
実際に満足してくださっていたことが確認できてとても嬉しいです。

内容に関しては実のところまだまだです。
特に時間配分はね。初めての時は仕方ないですが、
ま、これも場数を踏んでよりよい内容を目指していきましょう。

ともかくこれでISOに関しては今年の大きな山場を越えました。
そして嬉しいオファーが!
今までは「食品安全」に関してだけだったのですが、
「来年春頃からは『品質』のコースも、そして秋からは『環境』のコースも頼みます。」
との申し出があったのです。
望むところです!今まで資格を持ちながら、活かす場面が無かったからね。

この先もちろん再び勉強、勉強、また勉強の世界ですが、
生きる姿勢と、稼ぐ仕事の方向性が一致しているのはありがたいです。
今年はそういう意味で大きな転換を迎えた年でした。
ありがたいと心から感謝し、「よくぞここまでやったよ。」と自分を労っております。

↓ブログランキングに応援よろしくお願いします!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
私は今、久々の感覚を味わっています。
達成感というか、安堵感というか、穏やかな気分というか・・・
仕事の話はあまり書かないことにしていますが、今日はお許しを。

講習会講師の誘いがあった話は以前ちらっと書きましたが、昨日デビューしました。
ISO22000と呼ぶ、食品安全に関するマネジメントシステムの、
規格を丸一日かけて説明する講習会です。

ISOの講習会・研修会開催企業としては、たぶん日本を代表するT社。
この会社のブランチから「講師をやってみないか?」と声が掛かったのは、
わずか一ヶ月少し前のことです。

「えっ?私でいいの?」というのが率直な気持ちでした。
だって、ISOの講師になる人なんて、
かなりのキャリアを積んだ大御所ばかりなのだもの。
多分、審査員になるよりも相当厳しい門だと思います。
それに、特に食品安全の講師はこのT社でさえまだ数名です。
たぶん全国的に見てもそれほど人数はいないと想像します。

「ま、やってみなよ。」と軽く背中を押され、
「まずは先輩講師の授業をオブザーブしてください。」
と、参加したのが先月の中旬。

正直言って、「こんなの私にできるのか?」と慌てました。
審査員試験を受かったと言っても、合格ラインを越えれば良かった訳です。
つまり失点は許されました。

でも講師をするとなれば、100点を持っていなければなりません。
いや、受講生の期待に応えようとするならば、それ以上が必要でしょう。
つまり、ISOに関する多くの引き出しがないと十分に対応しきれません。

それでも、「これはものすごいチャンスかも。」と捉えることにしました。
どんなに審査員の経験を積んでいても、
こういう声が掛からない人は大勢いるのだから。

それに、確かにISOそのもののキャリアは少ないけれど、
「品質」と「環境」と「食品安全」の三つの審査員資格を持っています。
加えて、ISO以外の経営コンサルティングに関わった年数は
のべ25年ほどにもなりますし、様々な業界を渡り歩いてきました。

そして今では自ら企業経営をし、田畑を耕し、キノコを育て、岩魚を養殖しています。
兼業農家であり、漁業組合員であり、猟友会にも入り、
調理師免許を持ち、「飲食店」と「菓子製造業」の営業許可を取って、
自然食料品店を経営しています。

「こんな講師は日本中探してもきっといないだろう。」
と自分を鼓舞することにしました。

さぁ、それから講師を務めるための猛勉強が始まりました。
自分にとって弱いところの微生物学、法令などの本をかき集め、
ネットで最新情報を集め、それらを読みあさり、
そして最後に臨んだのが、「自分だけのマニュアル作り」です。

この「アンチョコづくり」はどうしても必要だと感じていました。
「厚さ1cmほどのテキストのどのページの時、
160ページほど準備されたパワーポイントのどのデータを開き、
『規格』と呼ばれるバイブルの様な難解な本のどこをどううまく解説するか?」
結構難度の高いテクが要求されます。

そして朝から夕方までの丸一日、受講生を机に貼り付けさせる訳ですから、
飽きさせずに、しかも理解してもらわねばなりません。
彼らが職場に戻ってから実際に使えるノウハウを伝授する必要があります。
それにはアンチョコ無しではとても臨めません。

さて、上に挙げた作業をするのに最大の難関は「時間」でした。
何といっても我が家はKAN太が生まれたばかり。
日中、U太は私にベッタリ。
どうするか?

夜中、早朝、そして時々は恵那の親の家にこもって、
最後には逆に家族に実家に戻ってもらって、集中して作業しました。
そして出来上がったアンチョコは、A4版で30ページにもなりました。

これが一旦出来上がって、ようやく「これで何とかなる。」と目処が見えました。
そして最後の仕上げがリハーサルでした。
実際にアンチョコを使って模擬講習を一人でしました。
一通りさらっと流しただけで、ざっと4時間!
本番で本当に時間内に終了できるのか?

時間配分という課題だけが残りましたが、もうやってみるしかありません。
そして迎えた当日。受講生が集まってきました。
それぞれ企業でこれからISO22000を推進していく方々ばかりです。
加えてもう一人。T社から社員がやってきました。
そうです。私を評価するためです。

やがて始まった講習会。
アンチョコを駆使し、時々受講生を当てながら、笑いも誘いつつ、
できるだけ平易な言葉で進めるように努めました。
そして最後の切り札が「地図」。

難しい言葉がちりばめられ、それぞれの関係が分かりづらい『規格』の条項の、
相互関係を一枚の紙にまとめたシートを、
書籍をベースに私なりにアレンジして作成していました。

それを何度も説明しながら、
「今、私たちはどこにいるのか?」
「それが他の条項とどう結びつくのか?」
を刷り込むように説明しました。

やがて何とか時間きっちりに終了。
最後にアンケートを配布します。
さぁここでどのように受講生が受け止めたかが分かります。

コースが終わった時の皆さんの表情からは、
「そんなに不満気ではなさそうだな。」とは感じていました。
終了後、次々に名刺交換にやってこられ、自社の悩みを相談されました。

そして全員が部屋を出ていって、すぐさまアンケート用紙を読みます。
「講師評価」
5段階評価で、3割の人が「大変満足」、
残り全員が「満足」に印をつけてくれていました。

他の質問項目でも概ね良い評価をいただきました。
そして自由記入欄には、
「楽しく、皆のレベルに合わせて、わかりやすかったです。」
「地図はとてもわかりやすかったです。財産となります。」
「人柄の良い先生で、よいセミナーでした。」

それを見て、本当に肩の力が抜けました。
ありがたいです。

後ろでオブザーブしていたT社の人も、
「安心して見ていられましたよ。」と褒めてくれました。
でもさすがは本部の人、その場で細かい「指導」が入りました。

「あそこの説明で、この部分が抜けていましたね。」
「この条項の説明はあれだけでは不十分でしたね。」
その指導数、数十箇所。
はい。よーく自覚しております。
これからもたゆまぬ精進が必要ですね。

二人に共通した感想は、「今回は受講生に恵まれましたね。」ということ。
とても素直な、そして熱心な方々ばかりでした。
これには心から感謝です。

ということで、何とか無事デビューを終えました。
そしてこのコース、再来年までのオファーが入りました。
この秋の大きな山を越えましたが、
いつものことながら一つ山を越えると、目の前にまた山脈が見えます。
少しずつ、少しずつでも前に向かって歩み続けていきたいものです。

今回、講師への道に導いて下さった方々、
参加された受講生の皆様、
そして協力してくれた家族へ。
ありがとうございました。

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ